美しき音楽のある風景~素晴らしきメランコリーのアルゼンチン~

arg.gif
アルゼンチン音楽関連最新盤情報

RCIP-0140Arg.jpg

美しき音楽のある風景
~素晴らしきメランコリーのアルゼンチン~

RCIP0140
Rip Curl Recordings
(全曲試聴可能)

橋本徹(サバービア)さん監修レーベル「アプレミディ・レコーズ」シリーズ
『音楽のある風景』から、アルゼンチン音源収録した特別編が 05月09日に発売されました。

近頃のアルゼンチン音楽を語るにはずせないC.アギーレ主宰のシャグラダ・メドラ・
レーベルからセバスティアン・マッチ、クラウディオ・ボルサーニ、フェルナンド・シルバ
Sebastian Macci – Claudio Bolzani – Fernando Silvaトリオによる
「ルース・デ・アグア Luz de Agua」からの美しい作品の他、アカ・セカ・トリオ、
メンバーのアンドレス・ベエウサウルトやフアン・キンテーロのソロ作品、シルビア・
イリオンド、キケ・シネシ、3月に私たち夫婦が招へいしBar Buenos Airesイベントにも
出演したアグスティン・ペレイラ・ルセーナの胸に沁みる一曲、愛すべき我が弟分
アレハンドロ・フラノフのドリーミィな二曲などいずれも音源が収められています。

吉本宏さんによる充実のライナーノーツなどじっくり長く聴き続けたい内容。
モノの回転やスピードが早い昨今の日本ですが、遠く南米アルゼンチンから届いた
日本人の心にも不思議に共感出来る曲の数々です。

ラティーナ6月号巻末CDレビューにも少し書いたのですが、このコンピレーションには
単なる偶然とは思えない縁を感じるエピソードがいくつかあります。

収録曲の多くは偶然にも昨年初め~秋頃にかけて私に直接関わりのある友人やアーティストたちに紹介したり話題になったり評判の良かった音源ばかり。
それ以前にもコツコツと紹介してきたけれど、こんな風にアルゼンチンのコンテンポラリー・フォルクローレが
沸いた事は少なくて正直驚きと興奮をもって日々紹介を重ねて行きました。
評判の発生地は地元名古屋でコツコツ開拓してきたアルゼンチン音楽ファンだったり、タンゴやジャズ畑で活躍する関東を基盤にする演奏家友達だったり、岡山のアルゼンチン音楽をコアに愛する仲間だったり…と地域もまちまち。
とにかく、その奇遇な【同時多発的共感の偶発】に感動したもの。
そしてそれが今年3月アグスティンの初来日実現を起こす事によって点と点が繋がって、音の線となり日本各地で結実したのは、大げさかもしれないけれど、ある意味奇跡ですら思えました。
改めて良いと確信したものを紹介し続けることの大切さを実感した瞬間です。

もう1つの偶然はこのコンピレーションのジャケットである斜めに傾いた美しい木立の写真。
これを撮影したのはアルゼンチンで活躍する女性フォトグラファー・マリアビルバ mariabirbaで、私はこの写真に出逢う前に彼女とブエノスアイレスで知りあっていたのです。
彼女の透明感と端正さをもった誠実な作品群に魅了された私は、強さと温かさをもったその人柄にも共感を覚え、いつか彼女の作品が日本でも知られる日が来るかも?と漠然と思っていたのです。Bar Buenos Aires vol.1
のフライヤーを今年初めだったか?手にした時この木立の写真に初対面でない親近感を覚え、あとで彼女の名前を見つけた時も当然のような気がしました。


ぜひとも末永く愛され、いつまでも入手可能なコンピであり続けてほしいです。


曲目:
1. Rosa Y Dorada... (Sebastian Macci, Claudio Bolzani, Fernando Silva)
2. Melodia (Alejandro Franov)
3. Cancion (Cecilia Elias)
4. Dos Rios (Andres Beeuwsaert)
5. Fui Al Rio... (Sebastian Macci, Claudio Bolzani, Fernando Silva)
6. Planicie (Agustin Pereyra Lucen)
7. Persistente Cancion De La Memoria (Mono Fontana)
8. Madrugada (Andres Beeuwsaert)
9. Gincana (Puente Celeste)
10. No Era Necesario... (Sebastian Macci, Claudio Bolzani, Fernando Silva)
11. Otra Vez El Mar (Puente Celeste)
12. Monte Maiz (Aca Seca Trio)
13. Agua Del Rio (Belen Ile)
14. Amores De La Vendimia (Leguizamon x Sinesi)
15. La Luminosa (Edgardo Cardozo & Juan Quintero)
16. Maricon (Aca Seca Trio)
17. Caraquata (Nyamaropa) (Santiago Vazquez)
18. Serenata del 900 (Silvia Iriondo)
19. Ceciloa (Cecilia Elias)
20. Micerino Alap, Micerino Tema (Alejandro Franov)

参考記事:
http://www.hmv.co.jp/news/article/1004260083/

mixi「カルロス・アギーレ」コミュニティも開設中。
色々UPしてます。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4806818
関連記事