「孤高のギタリスト」と呼ばれる所以と多くの方々の後押しと

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ arg.gif

「孤高のギタリスト」と呼ばれる所以と多くの方々の後押しと

S_apl_2.jpg
『Acuerdos』収録風景


アグスティンは母国アルゼンチンでも対外的にもメジャーに訴えれば、いま以上にもっともっと
アルバムをどんどん出せて表舞台にも立てる実力をもったアーティストなのはいまさら言うまでも
ないけれど、本人がどちらかというとメジャーに興味が薄く、じっくりと自分の納得のいくまで音楽を
つくりたいこともあってマネージャも持たず、現在のような活動スタンスを守っている。

音楽を発表する場についても同様でブエノスアイレスではNotoriusやClub Lounge,Jazz Voyeur Club
などジャズ系ライブハウスに時折出ている。

そんなアグスティンだが、日本では沢山のアルバムが現在も再発CD化され日本に興味を持っていることも
あるせいか、一度も来日した事がないアグスティンは意外と日本人の友人や知り合いが多い。
そんな多くの彼の音楽を愛する人たちが今回、初来日公演にご協力して下さっている。


*  *  *  *  *

最新アルバム「42:53」を発売しているP-Vineのご担当者さんは超ご多忙の身で、なかなかコンタクトも
ままならないがご自身がアグスティンの熱烈なファンだそうで日本盤発売実現にご尽力して下さったそう。
過去の作品と比べ、音楽性が変化したアグスティンの"今の音"が堪能できる一枚だ♪

(過去の日記で私も少しふれているが、最新アルバム日本盤企画の売込みは結構行ったが、当時はなかなか
実を結ばずへこんだ事も。でもその後この日本盤が発売され、結果多くの日本のファンがこのアルバムを入手
出来、ブログなどで絶賛しているのを読んでかなり励まされたのだ。)



アグスティンの強力な応援者OFさんはWEB DICE "骰子の眼"のアグスティン記事の取材などで活躍されて
いるけれど普段は全く別のお仕事をしながら、もう何年も前から彼を招へいできないかと共に会合の場を
もったり今回の招へいを後押ししてくれている。
この記事に関連するアグスティンの仕事について追々ご紹介したいと思っている。

参考:WEB DICE "骰子の眼"
「日本の俳句から音楽が聴こえる」―アルゼンチン人のギター奏者“アグスティン・ペレイラ・ルセーナ”
http://www.webdice.jp/dice/detail/1829/


山形ブラジル音楽普及協会では会長を中心にアグスティンの音楽の熱心な理解者で過去にアグスティン
と直接コンタクトをとって全編アグスティン選曲によるラジオ番組のコーナーを実現されたことがある。
直接面識はないものの今回の招へい会場を打診する際、敬意もあってどこよりもまず最初に会場オファーの
ご提案をさせて頂いた。残念ながら先約があって実現はならず、無念の思いをブログに記載されているが、
実際私たちも北の皆様にライブをお聞き頂けず残念に思っている。

Agustin Pereyra Lucenaが。
http://ameblo.jp/yamabra/entry-10450636470.html

Disk No.1236: AGUSTIN PEREYRA LUCENA / 42:53
http://blog.livedoor.jp/yamabra/archives/51552710.html


かと思えば、ふとしたきっかけで音楽情報交換仲間からの紹介が繋がって西の岡山公演はとんとん拍子に
決定した。順調な進み具合に素晴らしいフロントアクト出演まで決めて下さって、私は「偶然」という名の
「必然」が引き寄せてくれたのだとリリアナ初来日公演で唯一行けなかった念願の南米音楽を愛する岡山の
音楽ファンの皆様と囲むライブにとてもわくわくしている。

某レーベルご担当者さんからはこれまでの招へい経験からいろいろなアドバイスをご教授頂いたり、ブラジル
音楽に精通する方からは逐一多くの詳細なアドバイスを頂いたり、PRに貢献いただいたり・・・。

その他今回の招へいが形になるまでには実に多くの人々がご協力や温かい助言を下さった。何よりファンの
初来日実現うれしい!の一言一言が一番の原動力。う~ん、語りだすときりがない。

ともあれ、不可能が少しずつ実現可能な形になるまでの足跡が、まるで小さな点がどんどんと細い糸でつなぎ
とめられるように結ばれ、そのかよわい糸がどんどんとしっかりしたものへと繋ぎとめられていくかのように
まとまっていったことはとても感動的な音楽のなせる業だと実感している今日この頃。

あまりまとまりのない文章で情けないけれど今日はこの辺で。

いよいよ、アグスティンがやってきます!!!
どきどきしながら、静かにベストコンディションで居てもらえるよう万全を期して迎えたいと思います。

アグスティン初来日記念特設サイト
http://tanimon.com.ar/agustin.html

Agustin Pereyra Lucena CD @ Amazon..co.jp
関連記事

Designed by Akira.

Copyright © 毎日がブエノスディアス! All Rights Reserved.