スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チリで大地震

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ

チリで現地時間夜中3時半未明、マグニチュード8.8の大地震が
発生して気になる所ですが、以下のチリ発TVニュースを見たり、
アルゼンチンのTVニュースを見てます。

以下私のmixi日記より。

-------------
TV en Vivo
http://www.ustream.tv/channel/tv-de-chile

非常事態宣言発令されました。
映像を見る限り厳しい状況のようです。

(時事通信より転載)
チリ中部でM8.8の大地震=78人死亡、沿岸部に津波-日本も警戒

 【サンパウロ時事】米地質調査所(USGS)によると、チリ中部の都市コンセプシオン沿岸で27日午前3時34分(日本時間同日午後3時34分)ごろ、マグニチュード(M)8.8の巨大地震が発生した。AFP通信によると、バチェレ大統領は78人が死亡したことを明らかにした。沿岸部には津波が押し寄せた。余震が続いており、死傷者数はさらに増える恐れがある。
 太平洋津波警報センターによれば、タルカウアノで1.2メートル、バルパライソで1.3メートルの津波が観測された。同センターは地震後に発生した津波は、チリ沿岸部に大きな被害をもたらす可能性のある規模だったとみている。
 チリのほか、ペルー、エクアドル、コロンビア、パナマ、コスタリカ、南極などに津波警報が発令された。日本の気象庁は太平洋の広域に津波発生の可能性があると発表、日本への津波の有無について調査している。
 震源地はコンセプシオンの北北東約115キロ、首都サンティアゴの南西約320キロ。震源の深さは約35キロ。ロイター通信によれば、この地震でサンティアゴで停電が起きるなど、被害が出ている。サンティアゴ空港は閉鎖され、首都近郊の高速道路の橋が崩壊した。(2010/02 /27-21:57)

ブエノス在住の友人からの報告

アルゼンチンのメンドーサでも大きな被害がありました。(メンドーサは位置的には
アンデス山脈をはさんでサンティアゴと緯度が同じくらいのワインの町)
2千キロ以上離れたブエノスのビルでも30分くらい振動がごとごと音がして怖かった
・・・のだそうです。そのビルの30階のひとは下へ避難した模様。
余震も含め注意が必要そうです。

-----------

日本と同様『地震大国チリ』とは言われているものの、日本と比べて地震の頻度が低い
という印象だし耐震補強建築という基準も日本のそれと比べると甘いのでは・・・と
考えられる。(地震がない、と言われるお隣りアルゼンチンの建築はすさまじいものが
あります)

以下はtwitterでの私のつぶやき:

余震が心配なのに、ななめに傾いた半壊?のビル内部を取材するテレビ局にひやひやする・・・
一応チリの建物は皆耐震建築だそうだけど、国際空港封鎖、高速道路も倒壊していることを考える
と建物は危険と思うのに・・・

友人のおばあちゃまの安否が気になります。
関連記事

Designed by Akira.

Copyright © 毎日がブエノスディアス! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。