CD "ディヒタリア Digitaria" by アレハンドロ・フラノフ Alejandro Franov

arg.gif
ARGENTINA アルゼンチン

2009年秋~冬 注目の新譜vol.2 (日本盤)

"Digitaria ディヒタリア"
by Alejandro Franov アレハンドロ・フラノフ

Digitaria_NBCD006_242.jpg
ジャケのアートワークには彼のお気に入り写真と
自らの手による手描き文字が。




アルゼンチンが生んだ稀有な才能の持ち主、"音の妖精"という枕詞もすっかり
定着したアレハンドロ・フラノフの新譜がいよいよ、日本で発売。
一聴してわかるアジア・中東などオリエンタルな音楽要素と宇宙と交信を始めた
かのようなスケールの大きな音楽観。自由奔放で自然体な作品が彼の持ち味。

彼は起きている間はほぼずっと音楽を奏で、作曲している。

お皿、フォーク、ナイフを使って・・・
子供のおもちゃを使って・・・
自身の体の部分を叩いて奏でたり・・・

彼にとって音楽を創造するのに必ずしも楽器は必要ではない。

音が出るものすべてが音を曲を創造するための道具。

彼にはどんどん、湧き出るアイディアがあって常に音楽を生み出す。

子どものように無邪気に、自然の摂理に従って忠実に生きる彼。

方向感覚と記憶力のずば抜けた才能。そして音楽を創造する才能。

人はそれを音の妖精という。


(注:Nature Blissから発売のAlejandro FranovのCDはアルゼンチンでは発売
されておらず、入手できません。)

新譜"Digitaria"情報
http://www.naturebliss.jp/catalog/NBCD006.html
http://www.hmv.co.jp/news/article/911020127/

Alejandro Franov sitio oficial
http://alejandrofranov.com.ar/

アレハンドロ・フラノフ公式日本語サイト
http://tanimon.com.ar/alefranov/profile/index.html

UO Records
http://www.myspace.com/uorecords

アレハンドロ・フラノフにジュニア誕生!
http://bsas.blog115.fc2.com/blog-entry-479.html




-------------------------
中南米情報 / ワールドミュージック
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
関連記事
CD "Cueca Negra 黒のクエッカ" by Pablo Tozzi Trio
PREV
NEXT
CD "PALIMAY パリマイ(半漁人)" by セバ・イバラ(イバーラ) Seba Ibarra
About this site
La vida con la musica!アルゼンチン音楽 &周辺音楽紹介♪since '98
About me