マルコス・スザーノ、ヴィトール・ハミル feat.カチア・ベー

brasil.gif
ブラジル BRASIL

直前情報ですが・・・
日本には毎年のように来日、活躍のパンデイロで有名なマルコス・スザーノ Marcos Suzano。
彼が今年はアルゼンチン音楽好き、特にタンゴ好きにとっても
気になる
ブラジル人歌手と共に、9/24名古屋&9/25東京でライブを開催予定。

その歌手の名は、ヴィトール・ハミル Vitor Ramil

今回の来日ではヴィトール・ハミル&マルコス・スザーノ2人名義のアルバム、
『Satolep Sambatown』からのナンバーがメインだそうです。



そこにカチア・ベー KATIA B が華を添えるなんとも豪華なライブが予想されるけれど
個人的にはヴィトールがどうしても気になる。

KATIA B @ Amazon.co.jp



ヴィトール・ハミル Vitor Ramil、といえば私の中では、ペドロ・アスナールが
参加していたことで知られる『ポルト・アレグレ・タンゴ・フェスティバル』
に出演していたシンガーソングライター。

ブラジル南部ポルト・アレグレの出身でたびたびアルゼンチンでもコンサートを開催、
『タンゴ』というアルバムを過去に発表し、タンゴの名曲をレパートリーにもつ、ブラジル人
歌手、という印象。




7月に来日したレオ・ミナックス Leo Minax はヴィトールとつながりがあり、相方が
インタビューした際、ヴィトールの音楽について以下のように語っていた。

-彼の音楽はリズムや感情表現という観点からいうと
ミロンガなどウルグアイやアルゼンチンの音楽の方に近い。


最近アルゼンチンで入手したヴィトールの10年以上も前の再発CD『Ramilonga
- A Estética do Frio』(1997)を聞くと、ブラジル・ポルトガル語で歌われたアルゼンチンか
ウルグアイの曲集のような印象を受ける。
カエターノ・ヴェローソのラテン名曲アルバム『Fina estampa(粋な男)』のようでもあるけれど、
もっと何か内証的に生み出されたヴィトール自身の世界。
詳細はポルトガル語で書かれているため詳しく分からないが、ウルグアイ人の詩にメロディを
つけた"Milonga"という曲が収録されていたり解説にウルグアイの地名が出てきたりする。
一方でシタールやタブラが多用されて、アジアンな趣もたっぷりの不思議な仕上がり。
ただ、いわゆるブラジル的なあかるい音色ではなくメランコリックでアンニュイなたたずまい
のアルバムだ。
ちなみにアルバムタイトルの『Ramilonga』はおそらく、Ramilo+Milongaの造語と思われる。

ヴィトール・ハミルの別のCD『Tambong』 ではペドロ・アスナールがプロデュース&演奏
に参加し、エグベルト・ジスモンチ、シコ・セーザル、レニーニ、サンティアゴ・バスケスなどブラジル
~アルゼンチンの豪華ゲストが名を連ねている。

レオ・ミナックスに彼を紹介したというウルグアイ出身の素晴らしいシンガーソングライター、
ホルヘ・ドレクスレル Jorge Drexler (私の最も好きな歌手)も2006年のアルバム
『12 segundos de oscuridad(暗がりの12秒)』ではタイトル曲をヴィトールと共演するなどホルヘ
も密な交流をみせている。
ちなみにこのアルバムではヴィトール以外にもモスカ、マリア・ヒタ、アルナルド・アントゥネス、
マルコス・スザーノ、アルゼンチンからはケヴィン・ヨハンセン、そして先日亡くなったバイーアで
活動したアルゼンチン人パーカッショニスト、ハミロ・ムソットらが参加。
ウルグアイ~ブラジル~アルゼンチンのアーティストが結集した作品に仕上がっている。

ヴィトール・ハミルを聞くことで、ブラジル、アルゼンチンの二大音楽大国とその間に挟まれた
小さいけれど音楽的に豊かな国、ウルグアイの魅力がまたさらに感じられそうな予感がする。


MARCOS SUZANO (per.),VITOR RAMIL (g,vo.),KATIA B (vo.) 

【名古屋公演】
公演日: 2009年9月24日(木)
会場: 名古屋クラブクアトロ
開場: 18:00/ 開演:19:00
前売り¥5,000- 当日¥5,500-(立見、1ドリンク別)
主催: (株)パルコ 
お問い合わせ: 名古屋クラブクアトロ 052-264-8211

【東京公演】
公演日: 2009年9月25日(金)
会場: UNIT
開場: 19:00/ 開演:20:00
前売り¥5,000- 当日¥5,500-(立見、1ドリンク別)
主催: UNIT、(株)ホットスタッフ・プロモーション 
お問い合わせ: ホットスタッフ・プロモーション  03-5720-9999 (平日: 16:00-19:00)
UNIT 03-5459-8630





-------------------------
中南米情報 / ワールドミュージック
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ


関連記事
「降り注ぐ太陽、熱狂のリズム―南米音楽特集」@大阪
PREV
NEXT
ア・ラ・ポテトCM「グリーン・スリーブス」フォルクローレバージョン
About this site
La vida con la musica!アルゼンチン音楽 &周辺音楽紹介♪since '98
About me