ヤノマミ ~奥アマゾン 原初の森に生きる(再放送)を見る

2009/08/15 の備忘録より


子供の頃、遠足で家族で訪れた大阪万博記念公園内
「国立民族学博物館」、通称”みんぱく(民博)”。

その民博でみた膨大な展示品と所蔵VTR、だいすきでした。
う~ん、パラダイス。
またTVで盛んに放映されていた「すばらしき世界旅行」や
「兼高かおる世界の旅」などのちゃんとしたドキュメンタリー、
もう笑うしかない「川口浩の冒険」系のウソ?ホント?的番組も
当時は楽しませてもらいました。
いまの私を形成した主成分だと思います。

幼い頃のあいまいな記憶によるとその頃見た硬派なドキュメンタリー
番組は、民族のありのままを記録し、何か教訓めいた説明や製作側の憶測
というような余分なものはほとんど加味されていなかったように思う。

本日再放送で見たアマゾンの先住民”ヤノマミ”に長期密着取材した
NHKのスペシャル番組。
説明は少なく映像で見せ伝える、といったある意味ドキュメンタリーの
原点にたち返った番組と思った。

ヤノマミ ~奥アマゾン 原初の森に生きる(NHKスペシャル

彼らのおそらく1万年以上続いているといわれる独特の風習や生活。
片言のポルトガル語が出来るヤノマミの通訳から取材班が学んだ言葉。
雨季・乾季、・木の実の収穫期など季節の節目に行われる祭りや儀式・風習。
生命の営みである狩り、出産 (現代人にはただただ圧倒させられる光景も)。

そして彼らが暮らすアマゾンの深い森、精霊と呼ばれる自然界に生きる
ありとあらゆる生き物たち、万物を見守る満点の星。

人間が自然と共に生きるというのは究極的にはおそらくこういうことなの
かもしれないなぁ・・・

たくさんのことを得ました。



ヤノマミはブラジルベネズエラの国境付近のアマゾンの森
に暮らす部族だが、広大なアマゾンにはまだ外部と接触をもた
ない部族が100以上あるといわれている。

参考:
RFJ/Rainforest Foundation Japan

インタビュー:グレートジャーニー関野吉晴さん(冒険家・医師)

アマゾン奥地に新たな先住民、写真公開 違法伐採で生存の危機
AFP BBNews * 2008年05月31日 16:43 発信地:サンパウロ/ブラジル

関連:
南米にはアマゾン以外にも先住民族がいます。

パラグアイの先住民族マカ人、民族衣装で定住24周年祝う
* 2009年04月20日 12:49 発信地:マリアノロケアロンソ/パラグアイ
関連記事
民夫だったのかぁ~!
PREV
NEXT
新しい飲み物 SOBE RUSH を解読♪
About this site
La vida con la musica!アルゼンチン音楽 &周辺音楽紹介♪since '98
About me