アグスティン・ペレイラ・ルセーナ(ルセナ)のノルウェー映像

2008年幕が明けました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

一昨年はリリアナ、去年はタンゴ・ネグロ・トリオとウーゴ・ファトルーソ・・・と
2年連続疾走し過ぎて後半息切れモード。
今年はゆったり時間をかけて好きな音楽をまったり聞きてご紹介したいですネ。
私は心に余裕がないと良いものも吸収出来ないタイプ。

本日行ってきたお寺での愛犬との1ショット。
  (楽器を弾くカエルたち。右の子が弾いてるのはアコーディオン?バンドネオン?)

s-bandoneon new year2008


さて、新年最初のコラムは最も日本に来てほしいギタリスト、
アグスティン・ペレイラ・ルセーナ(ルセナ) Agustin Pereyra Lucena
現在、母国アルゼンチンで活躍のブラジル音楽(ジャズ・ボサノバ)のギタリスト、
シンガーソングライターです。

日本でも過去に新旧CDが日本盤が発売されるなど、母国アルゼンチンや隣国のブラ
ジル以上に知名度が高いですが、その昔彼は北欧・ノルウェーで活動し、北欧のボサ
ノバ音楽普及に一役買ったと聞いています。

その当時の映像が、Youtubeにありました。

「Rutas」 1987年ノルウェーにて

Rutas (A.P.Lucena)
Noruega - 1987

--------------------------------------
Agustin P Lucena (guitarra), Guillermo "billy" Reuter (bajo), Pedro Menéndez (flauta)
y Finn Sletten (batería)
まだ若くて軽快なアグスティンのギタータッチ、サウンドも素晴らしいですが、ここでは
フルートのペドロ・メネンデスが際立っている印象です。
当時の雰囲気あるバー?でのインストゥルメンタル・ライブ映像。



ペドロ・メネンデスはその後Trio de Janeiroなどでもアグスティンと共演しており、
最近は、Pedro Menéndez JazzTango Ensambleで活躍中。


そして月日は流れ、最近のテレビ番組"Ese amigo del alma"でのライブ映像(時期不明)。

アグスティンの他、ギター&ボイス:ルーチョ・ゴンサレス、ピアノ:リト・ビターレ、フルート:
モノことルベン・イサルアルデの最強メンバーです。
ここでもアグスティンは歌わず、ギター弾き職人に徹しています。
映像編集してないので、ライブ演奏終了後、雑談しながら退場する所までがYoutubeにUP
されているのは、ちょっと笑えますが、気取らない性格のアグスティンに似合うなあ・・・。


「Rutas」 ブエノスアイレスにて

Rutas (A.P.Lucena)

--------------------------------------
Agustin P Lucena (guitarra), Lito Vitale (piano), Lucho Gonzalez (guitarra)
y Ruben "mono" Izarrualde (flauta). programa "Ese amigo del alma" -



皆さんはどちらのRutasがお好きでしょうか?


wow! サボってたら、消えちゃいました、汗。

このポチっと!↓で、
明日への活力になります!がんばるっ!


関連記事

Designed by Akira.

Copyright © 毎日がブエノスディアス! All Rights Reserved.