帰国支援・・・なのかなぁ?

japon_mini.jpg
日本 JAPON

日系人離職者に対する帰国支援策が発表され、各地で説明会が開催されているという。

日系人離職者に対する帰国支援事業の実施について
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2009/03/h0331-10.html
(pdf)
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2009/03/dl/h0331-10a.pdf

ざっと読んでみて、「再入国は認めない」の文字に激しく違和感。

「どうして?」

「○年後にはOK、とか○○のスキルを取得したらOK等の、再入国条件も一切なし?」

あまりにも乱暴な・・・


自分が海外で働いていて、失業を余儀なくされたとしよう。
頑張って仕事を探すけれど見つからず、とりあえずは一端この国から
引き上げ、祖国に戻るしかない・・・と考え始めたとして・・・
その時、『帰国の費用はもってあげるけど、もう二度来ないでね。
旅行はOKだけど、二度と日本で今までみたいに仕事や生活は
出来ないよ。』 という法律に直面したら、どうする?
自分の親が育ったルーツの国、、第二の祖国と思って愛している国
だったとしたら・・・?
なんだか、まるで、悪魔のささやきのようだ・・・


厚生省のページだけでは「日系人」の定義が明確でないが、
別の民間新聞等の記事を見ると
どうも対象は『南米諸国の国籍を持ち、在留資格が「永住者」「日本人の配偶者」などと
なっている離職者を対象にしている。』ようだ。

・・・そうだとしたら、よりいっそうひどいように思える。
そうでないことを祈りたいけれど・・・

確かに「帰国費用」とされる支援金額は一見すると高額。
かなりの太っ腹だと思う。

この金額からはアジア近隣国の日系人対象というよりは、遠距離から渡ってきた
南米諸国の日系人を対象としている風に思えるところもある。

難しい問題ではあると思うけれど、これは緊急措置なのかな?

なんだか人材不足で困っている時期に入国しやすくして我が国の産業を支えて
くれた人々を都合悪くなったら追い出しているように思えてならない。
共存の方法はあると思うし、日本も別の点でもっと努力する必要もあるのでは・・・?

日系人失業者:帰国支援金申請始まる 「母国で再就職決意」条件 /静岡
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20090410ddlk22040208000c.html

■記者の眼■人道支援か強制退去か=日系人支援策巡り議論=伯字紙などが辛口の批判
http://www.nikkeyshimbun.com.br/090403-72colonia.html

-------

2010年、アルゼンチン建国200年に向けて・・・
♪いま、アルゼンチンがおもしろい♪
♪♪いま、ラテンアメリカに夢中♪♪

おかげ様でボツボツ更新中♪
引き続きのポチっと!↓
お願いいたします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
関連記事