「干支シリーズ」フリオ・ゴヤ展 JULIO E GOYA Exhibition

goya2.jpg現在開催中~6月29日(日)迄、沖縄・那覇で開催。ご近所の方ぜひ行ってみて下さい。 アルゼンチン出身沖縄在住の彫刻家、フリオ・ゴヤ Julio E. GOYA (呉屋フリオ)氏による金属と発光ダイオード(LED)を使った漢字をモチーフにしたとてもアートで、ユニークな個展です。 s-P1120570.jpg 2007年3月東京・アルゼンチン大使館大使公邸にて、 フリオ・ゴヤ氏と漢字をモチーフにした作品。(何の文字か分かりますか?) エノスの世界一幅広い大通り、ヌエベ・デ・フリオ(7月9日大通り)を通りながら、ブエノスアイレス の日本庭園で、サン・マルティン文化センターでフリオ・ゴヤ氏の作品を知らず知らずのうちに 目にしている方は実に多いはず・・・  紅白の鶴と、赤青の鳥、フリオ氏の世界はおおらかで雄大でブエノスの街にとてもよく似合います。 (文責:タニィ) grulla_20080624031109.jpg 9 de Julio大通りで開催された鶴の彫刻・設置式での記念撮影 【沖縄・那覇】 フリオ・ゴヤ展 JULIO E GOYA Exhibition 日時:6月20日(金)~29日(日) 23日閉廊 am 11:00~ pm 7:00 (最終日はpm 5:00まで) 場所:ギャラリー・アトス 〒900-0016 那覇市前島3-4-15 tel:098-863-9510 goya2.jpg 略歴  / Julio Eduardo Goya(ウィキスペイン語より) フリオ・ゴヤblog フリオ・ゴヤHP 以下案内状からの転載 ---------------- アルゼンチン生まれのゴヤ氏は、漢字を造形的に非常に面白いと感じています。 ゴヤ氏の描く干支の立体漢字は、まさに今にも箱から飛び出してきそうな躍動感があります。 漢字からの象形文字に戻ることなく、新たな造形の干支そのものを表現しているようです。 またLED(発光ダイオード)を使用するなど素材感はもとより、視覚的感性に訴えかけるものがあります。 この機会にぜひご観覧下さい。 ----------------------------

フリオ・ゴヤ展に来ています 「干支シリーズ」とまりん横ギャラリーアトスにて29日(日)までです

TAG フリオ・ゴヤ展 干支シリーズ ギャラリーアトス 那覇市 イベント情報

2008/06/22 15:30 posted by LINDA

Powerd By Pasha from urumax [もっと見る]

Fotoサービス提供「しまPASHA CLUB」 撮影者LINDAさんは那覇でシルビオ・モレノ氏とアルゼンチンフォルクローレの店 「ぺーにゃ・あまんかい」をされています。 沖縄を訪ねたならぜひ訪問したいと常々思っているお店です。 弊ブログ関連記事: M・H・J in Kid 2008-01-26 フリオ氏が関わったイベントの告知です。 ------------ よろしくお願いします♪ ブログ・ランキング♪へ      ▼ こっちのポチッもお願いしますっ!      ▼ ♪いま、アルゼンチンがおもしろい♪ ♪いま、ラテンアメリカがおもしろい♪ アルゼンチン、ブエノスアイレスの風 ------------
関連記事