【追記】 Agustin Pereyra Lucena / おすすめアルゼンチン音楽 1

アグスティン・ペレイラ・ルセナ Agustin Pereyra Lucenaについての追記です。

アグスティン参加のトリオ・デ・ハネイロ Trio de Janeiroによる1991年頃の演奏が、2007年アルゼンチンからCD発売されています。
そのうち日本にも輸入されるだろうと思いつつ、気づいたら未入荷のまま。

s-copabacana_small.jpg ●トリオ・デ・ハネイロ Trio de Janeiro
「コパバカナ COPABACANA 」(UNION 輸入盤 2007)
 コパカバーナをもじったCDタイトル「コパバカーナ Copabacana」は、アグスティン・ペレイラ・ルセナ Agusti'n Pereyra Lucena,、ペドロ・メネンデス Pedro Mene'ndez、ギジェルモ・レウテル Guillermo Reuterによる「トリオ・デ・ハネイロ Trio de Janeiro」(リオ・デ・ジャネイロにTを付加した言葉遊び的トリオ名)のCDで、彼らがアルゼンチン、ノルウェー、ドイツで活動していた時代のもの。
J.ドナート、R.メネスカル、A.C.ジョビンなどのナンバーと自作。

英語の説明はこちら→ TRIO DE JANEIRO ‘Copabacana’
Contemporaneo Art Music (このサイトではPedro Mene'ndezの取扱いも)
(↑このURL、トップページは音が鳴ってstop出来ないのでご注意)
artistas -> Trio de Janeiro から試聴可能。

旧弊ブログ アルゼンチンでボサノヴァ?その3 2007年04月19日 でも簡単に紹介しています。



グスティンの近況:
今年2008年はボサノヴァ50周年を記念し、「Romance brasilero」と題したコンサートをアグスティンと活動を共にするブエノス在住カリオカのシンガー、アドリアナ・リオス Adriana Riosらと開催。最近では5月にClub Lounge Buenos Airesで開催。
また待望の新作も近日発売予定。そして来日公演したいと熱望しています。楽しみですね。

s-ARG Y URG 1 024_AgustinPL2005
Notorious, Bs.As. 2005 (画像の持ち帰りはご遠慮下さい)
▲左から2人め、可憐なパーカッショニストはTRIO MELERO-Mi'GUEZ-IOVINOのMariana Melero。
このトリオのCD「Beleza Pura」は随分前に日本盤がベト・カレッテを取扱うインパートメントから発売。
彼らもまだ活動してますね。ホっと安心。





Agustin_LaRana.jpg  なみにアグスティン往年の作品「ラ・ララ La Rara」はジャケに愛嬌 あるカエル(=La Rara)のイラストが描かれています。これはアグスティン自身の手によるもの。感性豊かなアグスティンの音楽とイラストがとても素晴らしい名盤。
いつだったか、アグスティンが送ってくれたXmas e-mailにも、彼の素敵なアートが添付されていました。せっかくなので多くの人に見てもらいたいので以下にご紹介します。

s-s-dibujo fiesta 2
(↑Copyrightはアグスティンに帰属します、持ち帰りはご遠慮下さい)

弊ブログ関連記事:
アグスティン・ペレイラ・ルセナのノルウェー映像 2008-01-03

------------

引き続き、ポッチリ!クリック*クリック♪
お願いします♪
▼   ▼  ▼


♪いま、アルゼンチンがおもしろい♪

関連記事

Designed by Akira.

Copyright © 毎日がブエノスディアス! All Rights Reserved.