ムルガ・アルヘンティーナ Murga Argentina 続報

 リアナ・バラフ Mariana Barajやカセレス J.C.Ca'ceresをきっかけにアルゼンチン音楽に目覚めた、という方から教えてもらったが、なんと『Murga Argentina ムルガ・アルヘンティーナ』は欧州盤とアルゼンチン盤でジャケット・デザインを微妙に変えている。
ほとんど「マチガイはどれ?」のクイズ状態。

欧州盤(左) と アルゼンチン盤(右)
wow!
ちなみにタニィ購入はアルゼンチン盤。よく見ると欧州盤は左にアフロなランニングのオジちゃん、対してアルゼンチン盤はいかにも典型的ムルガ太鼓叩きの兄ちゃん。(坊ちゃん刈りっぽい髪型がキュート)アルゼンチン盤はムルガを強調したジャケとなっていると思う。

っかくなので、中身の飛び出す絵本仕様の違いも比較確認。
さすがにこの部分は違いはなし。

ジャケ内側は、『下町ボカ地区のありし時代の風景』撮影の仕方によっては ~ 風情ある常夜燈やカラフルな建物をバックに踊る人々の姿 ~ がまるで舞台セットのように見えたり。
弊ブログのデザインにもマッチ?マクロ撮影すると、まるで劇場のセットのようにも見える♪絵柄や曲目も欧州盤とアルゼンチン盤の違いを確認したけれど両者同じ盤のよう。

参考:
カセレス待望の新作 2007-08-04
おまけ:
カセレス2007.03.18ブエノスアイレスでのリサイタルの様子。←日本公演もこんな風に大勢収容しない会場でじっくり聴かせてくれるのかな?
Tangostore.com ←Arg.のサイトなのでアルゼンチン盤ジャケ、試聴も出来ます。
El Sur records ←これは欧州盤
LIFE AND BOOKS 本日のBGM ←こちらも欧州盤
関連記事

Designed by Akira.

Copyright © 毎日がブエノスディアス! All Rights Reserved.