ペルー料理2連発!en 東京・神奈川

その1、東京・神奈川の「ペルー料理店」
行ってきました・・・


P1190544.jpg 2008/03/23
「アルコイリス五反田店 Arco Iris de GOTANDA 」
東京都品川区東五反田1-15-5 第5本宮ビル 2F
12:00~22:30(無休)
03-3449-6629
JR五反田駅前ですが、場所が分かりにくいです。
※検索したら「Arco Iris Bembo’s 五反田店(アルコ イリス ベンボス)」が正式名称かもしれません。
アルコイリス川崎店厚木店もあります。

●公式サイトはないので、グルメ系サイト、以下をご参照。
tabelog (地図有り) 東京の中南米レストラン紹介のリンクも。
Yahoo!クーポン インカコーラ1人1本サービス。メニュー掲載(但し全て日本語)
ワールド・オブUMAKARAガイド ピリ辛うま辛目線での紹介。料理は一番分かりやすい
 ▲注:ペルー料理、ピリ辛ばかりではないので辛いのが苦手な人も大丈夫ですが・・・

P1190545.jpg
大好き!セビーチェ。 ここのは海草が乗ってて和風。手前のお取り皿も和風?

P1190547.jpg
ミラネサ・デ・ポジョ(鶏肉のカツレツ)だったかな?

P1190550.jpg
肉料理。名前忘れたなぁ・・・Arg.だとアサードAsadoにあたる。
南米料理は硬い肉でも独特の下ごしらえがしてあって、にんにくとかも入ってて、
コレが肉を柔らかくし食欲そそると思うのですが・・・
ご飯やパンがすすみます!


 ルー料理の良い所は、ワンプレートに全てメイン・ディッシュにライスとサラダがついてくる事!
(中華料理の影響を受けているペルー料理ならではの組み合わせです)
それをうっかり忘れていて、別にサラダとライスを頼んだらスゴイボリュームになってしまいました。ご注意!

 ルーの名物料理、ゆでたジャガイモにマヨネーズ風味のソースをかけた前菜「パパ ア ラ ワンカイーナ」は美味しいですがボリュームがあるので、先にたっぷり食べちゃうと後の料理が入らなくなる危険性大です。

 ルー料理の名称は、アルゼンチンと異なるのでなかなか覚えられないタニィですが、日本語メニューでデザートのライスプディング(ミルク粥?ライスのミルク煮?) arros con lecheが、その名もずばり「牛乳とライス」と訳されてて、あいたぁたた・・・

 なみにこのarros con lecheなるデザート、おおかたの皆様の予想どおり、はい、お米を牛乳で煮詰めたようなトロっとした中にややツブツブがある、甘いお菓子です。お好みでシナモンをかけて召し上がれ。
 タニィはお米大好き人間なので、ブエノスでも当初ガンガン食べて、お菓子の素買って手作りしてみたりするほど大好きでしたが(素がなくても出来ると後で気づいた)、日本人には結構不評のようです。
甘い米、しかも牛乳でふやかした、・・・というのが許せないんだそうですが・・・
味のイメージとしては甘酒の素に近いと思います。
・・・でも、売れてない店のアロス・コン・レチェはやめたほうがいいかも。昔、腐りかけた酸味利いたのを食べて以来、外では食べなくなりました。。。

P1190554.jpg
この日の締めは、ハーブティ。これも名称忘れた・・・
レモングラス風味でした。マテ茶ではなく、アルゼンチンにはないハーブティ。
Te' Peruano ペルー茶という風にメニューに記されていた覚えが・・・

この日はペルー旅行実現したいね、とマロンちゃんを誘ってのEncuentroでした。
渋谷UPLINKで「7つのピアソラ」(オリヴィエ・マヌーリ、斎藤徹)を見た帰りでしたねえ・・・


------------

上がったり、下がったり・・・あるのが人生
一休みのポッチリ♪ ぽちっと
お願いします♪
▼   ▼  ▼


♪いま、アルゼンチンがおもしろい♪

関連記事