【NewCDリリース】CD日本盤 ルカス・エレディア "シンフィン" | Lucas Heredia"SINFIN"】

PaPiTa MuSiCaから「アカ・セカ・トリオ・ベスト」日本盤(PPT-001)に続く、
コンテンポラリー・フォルクローレの新譜ニュー・リリースのお知らせです。
パピータによる直輸入アルバム。ライナーノーツ、帯付き。お勧めです!

緑豊かな文化都市アルゼンチン・コルドバから、
気鋭のSSWが敬愛する人と自然に捧げた珠玉の13曲。


LucasHeredia_Sinfin

ルカス・エレディア "シンフィン"
Lucas Heredia "Sinfin"


アルゼンチン、コルドバで活動し、ラプラタ流域のミュージシャンたちとも積極的に交流する
シンガー・ソングライター/ギタリストのルカス・エレディア。高い評価を得た1st.アルバム
「Adentro hay un jardín(心の中には庭がある)」から5年、ラプラタ河流域・ロサリオ
で活動するフリアン・ベネガスとの共同名義アルバム「Puentes Invisibles (見えない橋) 」
も好評だった彼が、ソロ名義で5年ぶりに発表する本作は、深い人生哲学をもった歌詞の数々と、
心の奥に響く美しいメロディと声による珠玉の13曲。
30代半ばとなり音楽家としての成熟度を感じさせる彼が尊敬を寄せる、アギーレと同郷で
朋友であるパラナーのSSWホルヘ・ファンデルモーレと詩人グスタボ・ブスティージョへ捧げた
⑧Hijos de florなど聴きどころも満載の現代屈指の名盤です。

LucasHeredia_Ai.jpg


発売日:11月26日(日)
価格:2500円(税込2700円)
CD番号:PPT-002
発売元(レーベル):PaPiTaMuSiCa
配給元:アオラ・コーポレーション http://www.ahora-tyo.com
日本語ライナーノーツ:谷本雅世

ご予約受付中♪ 
上記アオラ・コーポレーションHP(通販サイト)からお願いします。
PaPiTaMuSiCa FacebooページからはSinfinのみの注文も受付ます。お名前・ご住所をメッセージでご連絡下さい。
折り返し振込先と合計金額(CD代金+定形外送料)をお伝えします。

◆アオラ・コーポレーション取扱いPaPiTa関連おすすめCD◆
については、こちらをご参照ください。

----------------------------

トラックリスト:

1-Este tiempo この今という時代(エステ・ティエンポ)

2-Raíz 根っこ(ライース)

3-Descalzo 裸足で(デスカルソ)

4-Atrapa sueño 夢をつかまえて(アトラパ・スエニョ)
(con Julián Venegas ゲスト:フリアン・ベネガス)

5-Murmullo de la ciudad 街のささやき(ムルムージョ・デ・ラ・シウダー)

6-Así sin mas そんな風に、そのまま(アシ・シン・マス)

7-Estrella de fe 誓いの星(エストレージャ・エ・フェ)

8-Hijos de la flor 花の子どもたち(イホス・デ・ラ・フロール)
(con Gustavo Bustillo y Jorge Fandermole
ゲスト:グスタボ・ブスティージョ&ホルヘ・ファンデルモーレ)

9-Nuestras casas 私たちの家(ヌエストラス・カサス)

10-Razón de mañana 朝の理由(ラソン・デ・マニャーナ)

11-Pan de cielo 天からきたパン(パン・デ・シエロ)

12-Todos tus nombres すべての君の名前(トドス・トゥス・ノンブレス)

13-Días de aire 風の日々(ディアス・デ・アイレ)

注)下線付き部分を修正しました。(2017.11.17)

(C) LUCAS HEREDIA (P)2017 PaPiTa label

----------------------------
参加メンバー:
ルカス・エレディア Lucas Heredia(ギター、電子ピアノ、ハモンド・オルガン、シンセサイザー、コーラス、ボンボ・レグエロ、カホン、カリンバほか)
フリアン・ベネガス Julián Venegas(4.歌、コーラス、クラシックギター)
ホルヘ・ファンデルモーレ Jorge Fandermole(8.歌)
グスタボ・ブスティージョ Gustavo Bustillo(8.詩の朗読)
ビッキー・ニクス Victoria Nycz (ビオラ)
----------------------------

●ルカス・エレディアの活動拠点コルドバは、アルゼンチン西北部に位置する緑豊かな文教都市で、首都ブエノスアイレスに次ぐ大きさをもち、フォルクローレの哲人アタウアルパ・ユパンキの第2の故郷セロ・コロラードや、この国最大のフォルクローレ・フェスティバルが開催されるコスキン市がある地域でもあります。
●ルカス・エレディアはコルドバと同じアルゼンチンの地方都市であるロサリオのフリアン・ベネガス、パラナーのホルヘ・ファンデルモーレ、ラプラタのアカ・セカ・トリオ、チャコ州のセバ・イバーラなどの音楽家と早くから深い交流を持ち、近年大きな盛りあがりを見せるアルゼンチン地方都市の新しい音楽ムーヴメントを象徴するような存在です。
●高い評価を得た1st.アルバム「Adentro hay un jardín(心の中には庭がある)」から5年、ロサリオで活動するフリアン・ベネガス(本作④参加)との共同名義アルバム「Puentes Invisibles(見えない橋)」での好評を経て、ソロ名義で5年ぶりに発表する本作は、多彩に楽器を演奏し、深い人生哲学をもった歌詞と心の奥に響く美しいメロディと声による珠玉の13曲を収録しています。
●30代半ばとなり、音楽家としての成熟度を感じさせる彼の作詞・作曲センスやギターのテクニックは、同世代の音楽家の中でも抜きんでた存在で、きらめきを感じさせる現代アルゼンチンのコンテンポラリー・フォルクローレの優れた傑作として、強くお勧めできるものです。
●本作にはカルロス・アギーレと長い交友関係をもち、ルカスが尊敬を寄せるSSWホルヘ・ファンデルモーレと、詩人グスタボ・ブスティージョが参加し、この二人に捧げた⑧Hijos de florや、スピネッタの死にインスパイアされた⑥Así sin másなど聴きどころも多いのです。



Lucas Heredia y Banda - Raíz (本作”Sinfín”収録曲)



Lucas Heredia - Así Sin Más(本作”Sinfín”収録曲)

裸足で Descalzo │ Heredia - Carazo - Magnolia
“Vivo en Córdoba” Facebook page (本作”Sinfín”収録)


→ SSWのロドリゴ・カラスコ、弦楽奏団マグノリアとの共演によるルカス・エレディア新譜『シンフィン Sinfi』
収録曲「裸足で Descalzo」(コルドバ国立大学での収録) from Facebook

→上の映像のロングバージョン。
ロドリゴ・カラスコの曲の後、ルカスの『裸足で Descalzo』は9:25ごろから始まります。

Vivo en Córdoba Lucas Heredia y Rodrigo Carazo junto al Cuarteto Magnolia

関連記事
アルゼンチン音楽ポップスCDギターフォルクローレ
【PaPiTa関連CD】アオラ・コーポレーション取扱い作品
PREV
NEXT
【来日情報2017】アンドレス・ベエウサエルト@モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2017に