スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【新譜情報】マティアス・アリアスMatias Arriazú "peteĩ (ペテイン) po (ポ) "

【from Argentina アルゼンチン】

MatiasArriazu_PeteiPo.jpg

10年前。
まったく無名ながらディエゴ・ロロンに代わる敏腕ギタリストとして大抜擢され、アルゼンチン現代フォルクローレ注目の謡い手として初来日したリリアナ・エレーロ Liliana Herrero JAPANツアー (※文末注釈あり) の帯同メンバーで初来日した北東部フォルモーサ出身のギタリスト、マティアス・アリアス Matias Arriazu。

当時の逸話として聞いた話では、ディエゴのレパートリーを彼はすべて非の打ちどころのないほど完ぺきにマスターしており、即起用決定となったそう。マティアスと共に帯同メンバーだった現アカ・セカ・トリオのパーカッショニスト、マリアノ・カンテーロとは素晴らしい音楽仲間として、その後も年輪を刻み、今年マティアス・アリアス初めてのソロ・アルバムにも重要な共演者として参加しています。現在マティアスはブラジル人女性音楽家と結婚、家族とともにリオ在住で、演奏だけでなく作曲やアレンジにも長け、ブラジルとアルゼンチンを行き来し、その才能を高く評価されている。

本作プロデュースは私がLatina5月号でインタビューを書いた、サベッカ・ドゥオの超絶技巧派ギタリスト、エルネスト・スナヘール Ernesto Snajer。パーカッションのマリアノのファンにとっては、サベッカでのスナヘールとの共演と、今回のマティアスとの共演を聴き比べるのも楽しいのでは?

バリオスもフォルクローレも彼の圧倒的演奏力で唯一無二な演奏に昇華。ヴォイスも美しく。。。

ちなみに本作は日本未入荷、今週(6/13~)彼の手元に届く予定とか。
まだできたばかり、ほやほやのアルバム。
彼の演奏をぜひ早くコンプレートなアルバムで聞きたい。

※2006年当時、TV報道番組「News23」(筑紫哲也氏がキャスターだった)に出演、
ラテンアメリカ音楽ファン以外にも多くの日本の音楽ファンの心をつかんだ。



タイトルの peteĩ (ペテイン) po (ポ) は、先住民語であるグアラニー語です。
調べてみたところ、1と5の意味。(15かもしれない。)

FacebookでMatias Arriazúご本人にアルバム・タイトルについて尋ねてみた所、さっそく回答してくれました。

>Masayo Tanimoto querida! Peteî po es, una mano o también, el número 5!
>Es el nombre de una canción mía que esta en el disco y está en un copas de 5/8.

>親愛なるMasayoへ。
ペテイン・ポー というのは、1つの手 または数字の5という意味であり、
>またこのCDにも収録されている自分の作った曲(アルバム・タイトル曲)の名前でもあるんだ。
>そして、その曲は8分の5拍子なんだよ!


そして以下の2バージョンのYoutube映像がタイトル曲、ペテイン・ポー
(拍数を数えてみると分かります!)




MATIAS ARRIAZU - Peteî po




Matias Arriazu y Tiki Cantero - Peteî Po




Matias Arriazu y Tiki Cantero - Nitsuga Mangore



Matías Arriazu y Tiki Cantero - Llegada


関連記事
アルゼンチン音楽南米ポップスフォルクローレ

Designed by Akira.

Copyright © 毎日がブエノスディアス! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。