【アルゼンチンばか】ブエノスアイレスの風通信 2006/11/01 第22号

現在、休刊中のメールマガジン。
タニィ過去活動の記録として、ブログ上にUPすることにしました。
2014.12.13

文末の配信に関連するURLは無効となっています。(のはずです)

▼     ▼     ▼     ▼     ▼     ▼     ▼     ▼     ▼



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆*。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★*。.:*:☆・'゜
【アルゼンチンばか】ブエノスアイレスの風通信 2006/11/01 第22号
                   http://tanimon.com.ar/
☆*。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★*。.:*:☆・'゜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 9/25にメルマガを出す予定でしたが、リリアナ来日諸手続きで超バタバタ、
出せずでした。ともあれ、ギリギリのところで10/2にご一行は成田空港に無
事到着、約3週間の滞在・初来日公演を精力的にこなし、10/20日本を後にし
ました。来日前は周囲やネット上でも反響は少なくて、何とかお客様が入って
くれればな、と心配していたのですが、ふたを開けてみれば全ての会場で連日
大盛況!リリアナの歌声とマリアーノ、マティアスの演奏は日本のファンの皆
さんの心をわしづかみにしていったようです。
ご声援・応援頂いたすべての皆様に多大なる感謝を申し上げます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■タニィの見もの・聞きもの

イベント/スポーツ/コンサート

●フェスティバル ラティノアメリカーノ2006
 (社)日本・ラテンアメリカ婦人協会によるチャリティーバザー
日時:2006年11月2日(木) 11:30~15:00 
午前10時半以前のホテルご来場はご遠慮ください。
会場:東京プリンスホテル(東京都港区芝公園3-3-1) 
2階 「凰の間」「マグノリアホール」
入場券:¥2,000 (抽選券付き) *抽選会と音楽は午後1時に始まります。
詳細URL:http://www.embargentina.or.jp/calend/11gatsu06.htm
毎年恒例、日本在住ラテンアメリカのご婦人によるイベント、豪華で魅力的
なので多くの人が目当てを求めて来場するそうですヨ。
※日本に先頃初出店したブエノスアイレスの宝飾店「Homero(オメロ)」も参加。
http://www.homero.jp/

●桜丘町音楽夜噺 (タニィも参加します、ぜひお越し下さい。)
 第13夜 アルゼンチンのメランコリー ~時空を超えるタンゴの現在
日時:2006年11月26日(日) ※日曜日開催です。 
論者:西村秀人 (名古屋大学国際開発研究科助教授 ラテンアメリカ音楽研究)
聞き手:佐藤由美(音楽ライター)
会 場:東京・ 渋谷 トラットリア・アル・バッコ
入場料:1,200円 (1 drink付き)
時間:17:00開場 / 18:00開演~20:00終了
※予約の必要はありません。当日お越し下さい。
※席を確保したい方は、URLより入場予約を受付けています。
http://www.ongakuyobanashi.org/
http://hidetonishimura.com.ar/

●2006年FIVB バレーボール世界選手権
10/31~女子の部が開催中ですが、11/17~22男子の部ではアルゼンチン・
チームも参加。その昔アルゼンチンチームをブエノスアイレスで応援した
ことがありますが、盛り上がり方が日本と全然違って楽しかったですので
ぜひご覧下さい。
(男女共、中南米から多数の国が参加しています。)
※TBS系28ネットで放送予定。
公式WEBサイト:http://www.2006vball.jp/

●デュオ・パマルカ&ダリオ・ムニョスLive ツアー2006
 Canto del Alma ~魂の歌~アルゼンチンフォルクローレとタンゴライブ
11/15(水)~28(火)全国で開催。「ペーニャあまんかい」を沖縄で営む
シルビオ・モレノと祐子・リンダ・モレノによる「デュオ・パルマカ」の
コンサートツアー。
タニィは在ア時代コスキン音楽祭TV中継でお2人の着物姿によるフォルク
ローレを拝見したことがあります。
http://uruma.ap.teacup.com/amancay/

●迷宮礼讃 ― ボルヘス没後20周年記念 アルゼンチン文化の夕べ
没後20年を迎えるボルヘス関連記念イベント
日時:2006年11月16日(木) 16:00 - 20:00
(コンサート、シンポジウム、朗読、レセプション等予定)
関連イベント:
星野美智子リトグラフ展 「ボルへスを描く」(会期:11/16~22)
曽田啓之写真展「ボルヘスの街 ブエノスアイレス -BsAs La ciudad de Borges-」
会期・会場:1) 11月16日 小野梓記念講堂地下2階ホール (15:00-20:00)   
      2) 11月24日~12月7日 ワセダギャラリー (10:00-18:00)     
http://borges.jugem.jp/
http://borges.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブエノスアイレス短信

●雑誌"Hecho en Bs.As."9月号はLuna MontiとJuan Quinteroが登場!
 ホームレス自立支援の雑誌 「Hecho en Bs.As.(エチョ・エン・ブエノス
アイレス)」 2006年9月号にはLito Vitaleの他、8月に2枚めのアルバ
ム「LILA(リラ)」を発売し、好評の若手フォルクローレ・デュオ、
「Luna Monti(ルナ・モンティ)とJuan Quintero(フアン・キンテーロ)」
の記事が掲載されています。

http://www.hechoenbsas.com/

※"Hecho en Bs.As."…ブエノス市内ホームレスによる街頭販売の雑誌。
 毎月国内外の著名アーティストを特集しているのが魅力。
http://www.bigissue.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■フィガロ・ジャポン 12月20日発売号はアルゼンチン特集!
 詳細未定ですが、現在のフォルクローレについてアーティストをセレクト
してご紹介予定。他にアルゼンチン音響派、ダンスを中心としたアルゼンチ
ン・タンゴも特集されるそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★リリプロ便り

 あっという間にリリアナ旋風が日本列島を訪れ、駆け抜け、そして去って
ゆきました。思い返すとあっという間、でも密着同行している間は体力との勝負。
慣れてはいても、アルゼンチンの食事リズムに合わせるのはなかなか至難のワザ,
いわゆる朝食時間にはまだ寝てるか、食べてもお茶にクッキー程度、(夜が遅い
ミュージシャン生活だから仕方ない…)ブランチ時間にやっとサンドイッチと
カフェ・オレ等の朝食を食べ、夕方にはメリエンダ(おやつにホットサンドや
甘いものをカフェと共にしっかり流し込み、夜中に思いっきり夕食を食べる
…食い気より眠気だし、体力と共にスペイン語のトランスレートで足りない
オツムも結構使い、何より胃がもたれ…と連日疲労困憊でした。
 彼らも元気とは言っても時差がありましたからね、当初はネムネム続きで…
ともあれNEWS23の出演をはじめ、日本の音楽界に素晴らしいアルゼンチンの風
を吹き込んでくれたのは素晴らしい功績。頑張ってはるばる日本まで来て頂い
た甲斐がありました!
 リリアナ達、また会おうネ!!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
 昔日本で「フォルクローレと言えばアルゼンチン・フォルクローレ」だった
時代がありました。ユパンキ等の著名なアーティストが来日していたそうです。
今回のリリアナ初来日をきっかけに、過去のアルゼンチンの遺産的音楽作品や、
それを現代に歌い演奏し継承する今の若いアーティスト達の活動がもっともっ
と日本で知られるようになって、日本の人々に愛されるようになれば、良いな
あと想う今日この頃です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行:アルゼンチン、ブエノスアイレスの風@タニィ
●登録内容の変更・解除 →
●バックナンバー→
Copyright(C) 2001-2006 ブエノスアイレスの風. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事
アルゼンチン南米タンゴ日本音楽ブラジルウルグアイポップス来日

Designed by Akira.

Copyright © 毎日がブエノスディアス! All Rights Reserved.