グスタボ・セラッティ逝去 Murió Gustavo Cerati

訃報です。

GustavoCerati20140904_01
NT,com.arより

アルゼンチンのロックシーンで最絶頂の人気を誇っていた歌手・ギタリスト・作曲家のグスタボ・セラッティ。
ソロ活動だけでなく1982年結成し1997年解散したものの、ファンの声援を受け2007年に再復活した伝説の人気ロック・バンド「ソーダ・ステレオ」のボーカリストとしても著名です。
その人気はアルゼンチンに留まらずラテンアメリカ全体で多大なる人気を誇り、ラテン・グラミー賞、本国アルゼンチンの最栄誉カルロス・ガルデル賞、MTV賞、KONEX賞を受賞、今後の活動がますます楽しみだったアルゼンチン・ロック界の貴公子でした。

2010年5月16日ツアーで訪れたベネズエラのカラカスで突然倒れ脳卒中と診断され、緊急手術を受けた後、母国アルゼンチンでの延命治療が続けられていました。
その後意識が回復せぬままの状態ながら(一時死亡説も飛び交いアルゼンチン国内で大騒ぎとなったことも)、昨年(2013年)12月にはブエノスアイレス市名誉市民の称号を授与、今年の誕生日(8月11日)には多くのファンや関係者らが生誕55年を祝いFacebook上では多数のメッセージが見られました。そんな奇跡の回復が期待されていたグスタボですが、残念ながら逝去したことが家族によって正式発表されたそう。享年55才。

GustavoCerati2013.jpg
http://warp.la/tag/gustavo-cerati より

公式サイトはしばらくの間アクセス集中で見られませんでした。
公式サイト http://www.cerati.com/



このページをご覧頂いた方には、ラテンアメリカ全体で愛された在りし日の彼の姿・彼の音楽をぜひ知って頂きたいなと思います。
Gustavo Ceratiの名前でネット検索すると、Youtubeなどで数えきれないほどの情報、映像・音楽が聞けます。
バンド活動が知りたい場合はSoda Stereoも加えてください。



そんななかから私が、もっとも印象に残っているグスタボ・セラッティは、、、
というとどちらかというと異色な作品に分類される"11 Episodios Sinfónicos"です。

"ロックとクラシックの融合"という世界観がとてもアルゼンチンらしい、と強烈な印象をうけた作品。
これは、2001年ブエノスアイレスのアベニダ劇場で収録されたライブ映像で、シンフォニック・オーケストラによる演奏とグスタボ・セラッティのパフォーマンス。(演奏者には音の妖精として日本で人気のAlejandro Franovなど全くクラシック畑ではない音楽家の姿も)
本作品は2002年にCDとDVDで発売されていますが、輸入盤のため現在DVDは入手困難のようです。
(本国アルゼンチンでは入手可能かもしれませんが、リージョン等ご確認ください)


Corazón Delator - Gustavo Cerati






その他のグスタボ・セラッティ輸入盤 @Amazon.co.jp
Gustavo Cerati


もう一つ紹介したい映像は、
アルゼンチンロックの象徴である“エル・フラコ”ことルイス・アルベルト・スピネッタ Luis Alberto Spinetta との共演。

スピネッタも既に故人(2012年2月8日逝去、享年62才)です。アルバムのデザインに日本の風景を取り入れるなど親日家でもあったようで来日公演を実現してほしかった透明感、浮遊感あふれる特徴的なサウンドと哲学的な歌詞(特にアルゼンチン人は歌詞を大変高評価する人が多いです)が人気の国民的スターでした。

サッカーチーム・ベレスのスタジアムで2009年の年末にスピネッタとエテルナス・バンド "Spinetta y las Bandas Eternas"での野外ライブにグスタボ・セラッティがゲスト出演した時の映像です。



スピネッタ輸入盤 @Amazon.co.jp 
Luis Alberto Spinetta 


MoñitoNegro arg.gif
ARGENTINA アルゼンチン


グスタボ・セラッティ訃報のニュースソース:

アルゼンチンの番組TN(TeleNoticia).com.arサイトのJueves 4 de Septiembre de 2014 | 13:42記事より。
Murió Gustavo Cerati
Fue tras más de cuatro años de internación luego de haber sufrido un ACV.
http://tn.com.ar/musica/clips/murio-gustavo-cerati_529760

昨年(2013年)9月にはローマ法王フランシスコ教皇からグスタボ・セラッティへの手紙発表も。
http://latina.co.jp/?main_page=wordpress&p=8321


[弊ブログでの関連記事]

◆グスタボ・セラッティまさかの緊急手術 2010/05/21


◆SHAKIRA アルゼンチンとの交流もあるシャキーラ 2007/08/18



Facebookページ
Gustavo Adrián Cerati


-------------------------
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へにほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
FC2Blog Ranking
-------------------------
関連記事
音楽アルゼンチン南米ロックラテン・グラミーセラッティ