毎日がブエノスディアス!

ARTICLE PAGE

盛況でした:レオナルド・ブラボ・タンゴ・トリオ@名古屋 Leonardo Bravo Tango Trío@Nagoya

昨夜、2/26(水)"PaPiTaMuSiCa"サポートによる

レオナルド・ブラボ・タンゴ・トリオ
Leonardo Bravo Tango Trío
@メニコン・Hitomiホールのコンサートは満席大盛況の中、無事終了しました。


DSC_0880.jpg

人気のメニコンHitomiホール。
音の良い素敵な空間で、リハも軽快にすすみました。
▲Clickで拡大表示されます


DSC_0950.jpg

和やかな雰囲気の中で楽しいトークを織り交ぜながら進められたタンゴのナンバー。
演奏はキレよく、するどく、軽快に・・・タンゴのバリエーション豊富なレパートリーの他、
ロサリオ出身のギタリストであるレオさんらしいミロンガやカンドンベ、チャマメの曲も情感たっぷりに。
▲Clickで拡大表示されます


DSC_0953.jpg

休憩をはさんでアンコールも含めたっぷり2時間以上、素晴らしい演奏でした。
▲Clickで拡大表示されます


レオナルド・ブラボ・タンゴ・トリオ Leonardo Bravo Tango Trío
今後の予定は、
2/27(木)神戸、28(金)姫路、3/1(土)京都、2(日)滋賀、4(火)奈良、そして3/16(日)東京です。

ぜひ皆様、最寄りの会場へGO! 超おすすめです♪


コンサートに先立ち、2月15日にレオナルド・ブラボ氏のタンゴのソロ・アルバムが発売されました。
とはいえ、ロサリオご出身で、フアン・ファルー、キケ・シネシに続く技術的にも素晴らしいギタリストでタンゴ以外のクラシック、フォルクローレのレパートリーも弾きこなす演奏家さんです。
本作ではピアソラのタンゴの他に、キケ・シネシのカンドンベの名曲やネオ・フォルクローレのカルロス・アギーレの作品も収録されていて、ぜひそちらの音楽ファンにも聞いていただきたいアルバムに仕上がっています。



そして・・・

今月号の月刊誌「現代ギター」表紙にもレオナルド・ブラボさんが!
南米音楽に関する執筆や、奏法の教則本、楽譜本執筆と多彩にご活躍されています。




-------------------------
▼ポチっとお願いします。
m(_ _)m

中南米情報 / ワールドミュージック
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へにほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
FC2Blog Ranking

-------------------------
関連記事