【WORKS】セバ・イバーラ/ニーニョ・パラナー~ベスト・トラックス・オブ・セバ~:歌詞対訳

タニィ、最近のお仕事のご紹介です。

アルゼンチン Argentina チャコ Chaco州の出身でチャコ在住のシンガーソングライター、セバ・イバラ Seba Ibarra 選曲編集オリジナル日本盤(大洋レコード)の歌詞対訳をさせて頂きました♪
セバ・イバーラ Seba Ibarraは地元の伝統的フォルクローレの形式であるチャマメ Chamaméを愛し取り入れたオリジナル楽曲がとても魅力的なのですが、ブラジル北東部のリズムにも通じるようなダンサブルな楽曲も多く、日本ではひろくワールドミュージック音楽ファンに支持されています。という私も、セバの1st.アルバム『Collage del río (川のコラージュ) 』の発売当初から大ファンです!
これまで多くの方々に向けてこの作品をご紹介し続けていました。が、その後本国アルゼンチンでも品切れとなり、長く幻のアルバムとなっていたのです。
今回大洋レコード伊藤さんによるこれまでの彼のアルバムからの編集盤が日本で発売されることになり(Good job!!!)、セバ初期秀作から日本の皆様に再びお耳に届くことが出来るのがうれしくてたまりません。しかも、光栄なことに歌詞対訳を担当させて頂けるという幸運にめぐまれました。動植物の名前や地名などに多用されるチャコを周辺としたアルゼンチン北東部~パラグアイ共和国で日常的に使われるグアラニー語などの先住民言葉の独特な音の響きを心地よく感じながら日本語に置き換える作業は、わくわくする時間でした。
真夏は相当暑いチャコでは欠かせない『冷たいマテ茶 Tereré (テレレ)』の曲など、この文章末尾Youtubeで映像もUPされていますのでぜひそちらも併せてご覧ください。

セバ・イバーラ/ニーニョ・パラナー~ベスト・トラックス・オブ・セバ~
http://taiyorecord.com/?pid=62368681
SebaIbarra01

アルゼンチンのサイトDIORAMAにもこの日本盤について紹介記事がありました。
このアルバムは現在日本発売のみで、アルゼンチンでは未発売です。それでもそのことがニュースになり、このアルバム製作に関わった人々の名前も列記されているなど、日本へのリスペクトが感じられます。

ニーニョ・パラナ Nino Paraná
http://blog.proyectodiorama.com/2013/11/nino-parana-compilado-de-seba-ibarra-se.html

余談ですが、2010年にアルゼンチン北東部同じグアラニー文化圏であるミシオネス出身セシリア・パールのブエノスアイレスでのコンサート会場で、いつもはチャコに暮らすセバ・イバーラがたまたま居合わせ、私がパールに自己紹介していた時、気づいてくれて「もしかして君はMasayo Tannyじゃないか?」とと初対面でご挨拶できたのは驚きと共にとても感動いたしました。




関連記事
アルゼンチン音楽南米ポップスチャコグアラニーテレレマテ茶チャマメ

Designed by Akira.

Copyright © 毎日がブエノスディアス! All Rights Reserved.