毎日がブエノスディアス!

ARTICLE PAGE

ブエノスアイレスだより1

arg.gif
ARGENTINA アルゼンチン

"PaPiTaMuSiCa"西村秀人、
忙しい中、ブエノスアイレスからレポートフォト&現地でゲットしたCDフォトが届きました。

2013/09/24 到着したその日の夜、カフェ・ビニロ Cafe Viniloにて。
サンタフェ州出身、若い頃はフォルクローレを、のちにクラシックそしてタンゴへと幅広く才能を開花させ活躍、若手の育成にも尽力する中堅アーティストのトップを疾走し続ける素晴らしいバイオリニストであり西村の古くからの友人、ラミーロ・ガジョ Ramilo Gallo。
彼の新ユニット「トリオ・ガジョ=メンデス=ピラール TRÍO Gallo/Méndez/Pilar 」の初アルバム「Genealogía(ヘネアロヒア=系譜)」新譜レコ発コンサートです。
Facebook page https://www.facebook.com/TrioGalloMendezPilar

Gallo=Mendez=Pilar01Gallo=Mendez=Pilar02
photos by (C)PaPiTaMuSiCa
写真左:ラミーロ・ガジョ Ramilo Gallo(vl)とエルネスト・メンデス Ernesto Méndez (g)、
写真右:ラミーロ・ガジョ Ramilo Gallo(vl)、エルネスト・メンデス Ernesto Méndez (g)とアンドレス・ピラール Andrés Pilar(pf)
画像Clickで拡大されます。


カルロス・アギーレと共にシャグラダ・メドラ創設に関わったメンバーの一人としても、最近は日本でも知られるようになったラミーロですが、それ以前よりエル・アランケでの来日や小松亮太氏がツアーのパートナーに招へい来日するなどその才能を抜擢され、エスクエラ・デル・タンゴではタンゴ・バイオリニストの会田桃子さんがラミーロの曲づくりの影響を受けるなど、ラミーロの演奏家・作曲家としての抜きん出た才能は多くの演奏家たちから高評価を受けています。
タニィは約10年前の来日時に西村と共に何度か食事等、ご一緒しましたが、びっくりするほどのワーカホリックであり、面白い視点で勝負を見つめる相撲ファンでもありました。

ピアノのアンドレス・ピラールはソロ・アルバム「Danza」が日本にも輸入されており、月刊「ラティーナ」2011年11月号でレビューを執筆しました。
若くして演奏家の父とともに軍政時に苦労を体験しつつも、フアン・ファルーら多くの著名演奏家から絶賛され指導を受けた才能。先人たちの名曲フォルクローレに真正面から取り組んだ本作は、確かな演奏に裏打ちされた洗練さ、熱さが伝わってきます。
Youtubeでいくつか演奏がお聴きになれます。

http://www.youtube.com/user/rodarlasombra?feature=watch
http://www.youtube.com/user/Andrespilar1


ブエノスで購入したCDのフォトも届きました。
前述「トリオ・ガジョ=メンデス=ピラール TRÍO Gallo/Méndez/Pilar 」の初アルバム「Genealogía(ヘネアロヒア=系譜)」(CD右上)、左上はFacebookでみて聞きたい!と思ったロレーナ・アストゥディージョ Lorena Astudilloの最新アルバム(2013年09月末現在日本未入荷)もあります。


写真3s
左下:フアン・ファルー Juan Falú|の「ソンコ・ケリード Zonko Querido」も日本未入荷なはず。
右上:ラリ・バリオヌエボ Raly Barionuevo最新アルバムは日本入荷済です。

-------------------------
中南米情報 / ワールドミュージック
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ

-------------------------
関連記事