TIF2008(東京国際芸術祭)アルゼンチン作品招聘!

s-000unhombrequeseahoga1.jpg
photo by (c) Soledad Ianni

今年で14回めを迎える東京で開催の演劇やダンスの世界的フェスティバルTIF
今年の目玉はアルゼンチンから招聘作品が参加です!!!

1月27日の「アルゼンチン関連イベント♪」にもご紹介しましたが詳細を改めて
以下に記載します。ぜひ、ご興味のある方、演劇好きの方どうぞ。

以下お知らせメールを転載。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
そこに、アルゼンチンの日常がある…。

アルゼンチン現代演劇の旗手ダニエル・ベロネッセによる、
衝撃のチェーホフ翻案。『三人姉妹』ならぬ三人兄弟?!

待望の日本初上陸!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京国際芸術祭2008 海外招聘作品

http://tif.anj.or.jp/


s-s-000unhombrequeseahoga2.jpg
photo by (c) Soledad Ianni

『溺れる男』(アルゼンチン)

原作:アントン・チェーホフ『三人姉妹』
演出:ダニエル・ベロネッセ
公演日:2008年3月6日(木)- 3月9日(日)
http://tif.anj.or.jp/hombre/index.html

3月6日(木)19:30
3月7日(金)19:30★
3月8日(土)14:00/19:30
3月9日(日)15:00★

スペイン語上演、日本語字幕つき
上演時間:1時間30分 (休憩なし)
★終演後ポスト・パフォーマンス・トークあり
料金:4000円(一般)、2000円(学生)

------------------------------------------------------------
音楽や照明など演出効果を極力排除した舞台空間は、まさにアルゼンチンの日常世界。そこに演出家ベロネッセは、100年前の名作『三人姉妹』の登場人物の性別をすべて入れ替え、女性軍人に囲まれて暮らす若い「三人兄弟」の生活を描いてみせる。
仕事、家庭、恋愛、些細な人間関係に、誰もが時に笑い、時に泣くこの「退屈」な日常。その連続の中で「生き続けること」の意味を問いかけたチェーホフの企てが、今ここに甦る。
米リンカーン・センター・フェスティバルでも上演され世界的話題を呼んだベロネッセの代表作、待望の初来日!
------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆東京国際芸術祭2008 1/18(金)より前売チケット発売中!

いろいろ観る、誘って来る。
海外3演目はセット券が断然お得!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

海外から招聘する公演については、大変お得なセット券をご用意。チケットが最大55%OFFになります!

セット券はシングル、ペア、学生の三種類。
3演目観るもよし、2演目観るもよし。
観れば観るほどお得になりますので、ぜひご利用ください。
前売りのみ限定販売です。

■シングルセット券
2演目 5000円
3演目 6000円

■ペアセット券
1演目 5000円
2演目 8000円
3演目 10000円

■学生セット券
2演目 3000円
3演目 4000円

チケットのご購入はこちらから
http://tif.anj.or.jp/ticket/index.html

3演目セット券および『溺れる男』含む2演目セット券は
3月5日(水)の18時まで販売いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京国際芸術祭2008の海外上演作品は下記リンク先を参照ください。
http://tif.anj.or.jp/tif-performance/index.html



このポチっと!↓で、
更新の励みになりますっ♪
関連記事

Designed by Akira.

Copyright © 毎日がブエノスディアス! All Rights Reserved.