毎日がブエノスディアス!

ARTICLE PAGE

「タンゴの歴史」講座(3)

arg.gif uruguay.gif
ARGENTINA アルゼンチン / URUGUAY ウルグアイ

NHK文化センター名古屋教室での西村秀人「タンゴの歴史」講座3回め。
この日も良いお天気の週末で、受講生の皆さまはほぼ全員受講下さいました。
今回のテーマは「歌のタンゴ」。

s-IMG_5652.jpg

講座では以下9曲の歌詞(スペイン語)と対訳(西村秀人訳)、曲と作詞/作曲者や歌手についての注釈とその時代に人気のあった他の歌の曲などが書かれた詳細な資料が配布されました。



実は歌のタンゴはそんなに好きではない、と思っている私でしたがその時代時代の背景や民衆の様子などが一番良く分かるのは歌です。

カルロス・ガルデル、エドムンド・リベーロ、フリオ・ソーサ、イグナシオ・コルシーニ、ウーゴ・デル・カリル、エンリケ・S.ディセポロ、アダ・ファルコン・・・リベルタ・ラマルケ、ロベルト・ゴジェネチェ、マリア・グラーニャ、スサナ・リナルディ、エラディア・ブラスケス(自作自演)、ルベン・フアレス・・・

作詞・作曲者の人となりや歌手のことなど詳細に解説されるのを聞いているとそれぞれ個性豊かな人物像やそれらの人々を生み出したアルゼンチン文化の芳醇さにどんどん惹きこまれていき時間の経つを忘れます。

大好きな「花咲くオレンジの木 NARANJO EN FLOR」初め、選ばれた9曲は全てアルゼンチンタンゴを代表する名曲でその時代時代を表現しアルゼンチン人に深く愛され続けている曲ばかりです。

改めて聴くとそれぞれ実に素晴らしい詩曲と実感出来る授業でした。
味わい深い名歌手たちの歌声やエピソードなども色々紹介されました。

スライドでは当時の楽譜や作詞・作曲者の肖像写真等が紹介され、楽譜の表紙のイラスト=風刺画は、当時の世相を反映しており実に面白く芸術的にも優れたものが多いですし、モノクロにヒゲを蓄えた紳士(ガウチョの装束をした者などもあったり)時代と風俗も知ることが出来ました。

日本では戦後ようやく一般庶民の風俗が分かる映像が残っているのに比して、戦前アメリカ合衆国と肩を並べるほどの豊かな超大国だったアルゼンチンでは100年近く前の古い写真/映像が残っていたりしてその事にも驚かされます。

歌のタンゴは実に魅力的なテーマなので、今後も紹介する機会をもってほしいと思いました。

------------------------------------------

「タンゴの歴史」講座(3)@NHK文化センター 名古屋教室

DSCN2388.jpg
▲Clickで拡大表示されます▲



第3回目 11月4日(日)13:00~15:00 「歌のタンゴ史~名歌手と作詞家たち」
(以下配布資料より)

★タンゴの「歌」

紹介音源/映像



1.わが悲しみの夜 MI NOCHE TRISTE 1917

2.五分と五分(マノ・ア・マノ)MANO A MANO 1920

3.カミニート CAMINITO 1926

4.ジーラ・ジーラ YIRA YIRA 1930

5.ノスタルヒアス NOSTARGIAS 1935

6.マレーナ MALENA 1942

7.花咲くオレンジの木 NARANJO EN FLOR 1943

8.最後のコーヒー EL ULTIMO CAFÉ 1963

9.南への心 EL CORAZÓN AL SUR 1975




DSCN2392.jpg
▲Clickで拡大表示されます▲

------------------------------------------

いよいよ次回11/18(日)は最終回です。

NHK文化センターチラシ-1
▲Clickで拡大表示されます▲

第4回目 11月18日(日)13:00~15:00 「タンゴのシンボル、バンドネオンの名手たちの系譜」

なお、NHK文化センターでの西村秀人のタンゴ教養講座はご好評につき、来年も開講が決定しました。

2013年4月~9月の6ヶ月間で毎月1回の開講、2013年10月以降も開講となりそうな予定です。
詳細は、来年NHK文化センター名古屋教室配布チラシや公式サイト等で発表されます。

問合せ先:NHK文化センター名古屋教室
(TEL 052-952-7330 です。)

弊ブログと以下西村秀人ブログでも詳細わかり次第ご紹介いたします。
来年以降マテ茶とアルゼンチン音楽を楽しむ会、ユパンキ没後20周年(21年)なども企画予定です。
よろしくお願いいたします。

参考:西村秀人のブログ「Cafe de Panchito blog」

掲載の写真は許可を得て撮影させて頂きました。
(PaPiTa MuSiCa タニィ)

-------------------------
中南米情報 / ワールドミュージック
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
関連記事