ドゴ・アルヘンティーノという犬種

s_Cachogo_DogoArgentino2001.jpg
ブエノスアイレスの子犬のエキスポ会場で見たドゴ・アルヘンティーノの子犬


アルゼンチン原産の純血種として唯一認められている犬種に「ドゴ・アルヘンティーノ Dogo Argentino」があります。
この犬種はイノシシ狩り用に闘犬など数種を掛け合わせて作られた犬種といわれてます。

昨年(2007年)全国公開されたアルゼンチン映画『ボンボン Bombo'n el perro』で初めてこの犬種を見た人も多いのではないかと思います。
主役をつとめた白くて大きな犬、ボンボンはこのドゴ・アルヘンティーノでした。

旧・弊ブログ:
アルゼンチン&ラテン★映画情報6~7月 2007/06/20

古い記述ですがタニィ在ア中のHPより
私の住むブエノスアイレス市*パレルモ地区の犬たち

映画で見せたようなおっとり、とぼけた風貌に似合わず、血統のせいか?もともとの狩猟犬としての性質か?気性が荒い一面があるそうです。
映画でも映像は映っていませんでしたが、「イノシシ狩り犬」であることを表現した一場面もありましたね。



そんなドゴ・アルヘンティーノが生まれるまで?の歴史をたどった映像(フランス語)がYoutube上にあることを、とある方の日記で以前知りました。

犬種をめぐるヒストリーについては必ずしも、楽しい映像ばかりではないようです。
特にリンクはしませんが、他にもYoutube内で「Dogo Argentino」で検索すると英語・スペイン語
でこの犬種についての映像が見られるようです。

日本でも、ドゴ・アルヘンティーノに関する団体、公認団体などあるようです。
ただ、一般の家庭で飼育することは実質、難しいようです。

ご参考:
http://www.dogoargentino-japan.com/
ドゴ・アルヘンティーノ・クラブ・ジャパン 公式サイト
Argentine Dogo(Wikipedia)

ドゴ・アルヘンティーノ(I Love Pet Net)
ドゴ・アルヘンティーノ(イヌ図鑑)
※その他「ドゴ・アルヘンティーノ」で検索するといろいろな日本語での紹介サイトが見つかります。


また、アルゼンチンの犬事情・犬の飼い方や犬との生活観について雑誌「愛犬の友 2007年 12月号」で特集されました。
取材に協力しましたので、興味のある方はバックナンバーですがぜひご覧下さい。
かなりディープに突っ込んだ内容、アルゼンチン人音楽家アリエル・アッセルボーンさんなどの犬好きアルゼンチン人の方々にも取材協力頂きました。



--------

我が家にはドゴではありませんが、かつて狩猟犬(ウサギ狩り犬)だった末裔の小型犬がいますが、
家庭犬としては必ずしも飼い易い犬種ではないです。
個体の性格もありますが、いろいろと狩猟犬独特の習性が強くて、困惑することも。
まあ、そういう血統なのであまり何でも人間の都合で性質を封じ込めてしまうのはかわいそうでもあると思います。
(例えば人間でもおっとりした人を常にせかし続けていたらストレスがたまるように犬にも同様のことがいえると思います)




このポチっと!↓で、
更新の励みになりますっ♪
関連記事