マリネーラ・ノルテーニャのコンクール@名古屋 Concurso de Marinera Norteña 2012 en NAGOYA

peru_
PERU ペルー

11/4(日)名古屋にてペルー「マリネーラ・ノルテーニャ」のコンクールが開催されます。

"ペルー、ラテンアメリカ文化に関心あるみなさま、
ぜひお越し下さい。日本のみなさまのお越しを歓迎しています”


当日は5カテゴリーからエントリーする出場者の他、ペルーからゲストも出演予定だそうです。
(詳細分かり次第告知します)

ペルー「マリネーラ・ノルテーニャ」コンクール"サカチスパス2012"*1
日時:11/4(日)AM10:30~ 
会場:吹上メインホール

(地下鉄桜通線「吹上駅」5番出口から徒歩5分)
入場料:1500円
*1 = サカチスパス=火花を散らすという意)

MarineraNorten~a2012_1

SEGUNDO CONCURSO SELECTIVO DE MARINERA NORTEÑA "SACACHISPAS" 2012 NAGOYA JAPAN
EL 4 DE NOVIEMBRE 2012 CONCURSO DE MARINERA NORTEÑA "SACACHISPAS"

Sacachispas2012_01.jpg
11/4(日)マリネーラ・ノルテーニャ・コンクール ”サカチスパス2012" クリオージャ歌手のセシリア・ブラカモンテ出演の告知ポスター。
ダンス・コンクールのエントリー詳細はでポスター記載内容をご覧下さい。


ペルーの大衆音楽「ムシカ・クリオーヤ Musica Criolla」の優れた作品を数多く輩出した偉大なる日系人作曲家が晩年、ご子息の住む愛知県で暮らしていました。

その名は、ルイス・アベラルド・タカハシ・ヌニェス Luis Abelardo Takahashi Nuñez氏。
日本人の父とペルー人の母の間に生まれた日系ペルー二世のアベラルド氏は半世紀以上にわたり、バルス(=ワルツ)、マリネーラ・ノルテーニャといったペルー国民に長く親しまれ続ける美しい名曲を生み出し、それらは今も多くのペルー人によって歌い継がれています。

アベラルド氏は惜しくも2005年12月19日に愛知県で亡くなられ、その遺骨はペルーの地に戻ったそうですが、ご子息は現在も愛知県に暮らし、今回のイベントにご尽力されています。

MarineraNorten~a2012_2
写真右:晩年を春日井市で暮らしたペルークリオーヤ音楽を代表する作曲家、ルイス・アベラルド・タカハシ・ヌニェスへのオマージュを込めた肖像(後ろの写真)と娘・ロッサーナさん。
ロッサーナさんの姉・高橋クリスティーナさんよりご提供頂きました


詳しい情報については、Facebookのペーニャ・トリコロール・ナゴヤPeña Tricolor Nagoyaにアクセス下さい。

タニィと相方パンチートは、同日NHK文化センター名古屋でのタンゴの講演会が13-15時ありますが、それが終わり次第、会場に駆けつける予定にしています。

なかなか貴重な機会だと思います。
ぜひペルーやラテンアメリカ文化に興味のある方、お知り合い等にもお知らせの上お越し下さい。




アベラルド氏に関する参考サイト:

よきし屋敷・第127弾 : ペルー・クリオーヤ音楽 (2005/11/05)
"De La Misma Sangre : Los Grandes Exitos Musicales de Luis Abelardo T. Nun~ez"

deadman 2 〈訃報系blog〉
・2005-12-19? ペルーの音楽家 ルイス・アベラルド・タカハシ・ヌニェスさん 79歳

南米ペルー在住、ピルセンの「ペルー雑感」
・ルイス・アベラルド・タカハシ・ヌニェスを知っていますか(2009年11月26日)


-------------------------
中南米情報 / ワールドミュージック
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
関連記事
第8回ホームカミングデイ 開催のお知らせ
PREV
NEXT
雑感「フェスティバル・アルヘンティーノ Festival Argentino」