南米ドキュメンタリー映画を見に行こう!

友人Rの日記で、以下情報2件を知りました!

1.cinecafe sotoさんでの上映イベント

(YIDFFサイトより一部転載)
-------------
■作品:「旅-ポトシへ」仏語原題:Potosi,le temps du voyage
2007年山形国際ドキュメンタリー映画祭優秀賞
イスラエル,フランス/2007/英語,スペイン語,ヘブライ語/
カラー,モノクロ/35mm/246分 
監督:ロン・ハヴィリオ Ron Havilio

■日時:2/23(土)~24(日)
両日とも16:30~   (開場)
    17:00~19:10(第一部上映) 
    19:10~19:40(休憩・軽食)
    19:40~21:30(第二部上映)

■料金:2,200円(南米の軽食付き)南米のドリンクも用意されます(別料金)

■会場:http://www.cinecafesoto.com" target="_blank" title="cinecafe soto">cinecafe soto
(埼京線十条駅 北口下車すぐ)
■主催:mundo perdido
-------------
 年(2007年)の--- 山形国際ドキュメンタリー映画祭(YIDFF)コンペティションで優秀賞に輝いた南米ボリビアの高地、銀の採掘で栄えた町、ポトシを舞台にした映画の上映会です。

会場のsotoさんは初めてですが、友人Rのお話によると「映画&美味しい物好きにはたまらない素敵なカフェ」だそう。映画好きなオーナーさんのこだわりでプロジェクターではなく、映画館で使う35mmフィルム映写機での上映なのだそうです。
映写もオーナーさんが自ら手掛けていらっしゃるそうな・・・。

映画は4時間と長いのですが、途中の休憩で南米軽食&ドリンクが楽しめるし、主催者のmundo perdidoの方々は実際ポトシにも足を運ばれたとか、そんなエピソードも聞けたらいいなあ、、、。

これは期待出来ます。

ポトシは以前タニィの友人Yが青年海外協力隊で活動していた場所で、冬にはコートを着たまま授業し、それでも凍えるほど寒かったという4000m級の自然環境の厳しい高地です。
以前みた鉱山児童労働問題も気になっているタニィにとって、いつか必ず行きたい世界遺産の町です。
こういう、手づくりで上質なイベントがコツコツ開催出来るお店が大好きなので、楽しみです。

--- YIDFFサイト より以下転載 ---

「旅 ― ポトシへ」
1970年、ブエノスアイレスで結婚式を挙げた監督ロン・ハヴィリオと
妻ジャクリーンは、バックパックとスチール・カメラを手にアンデス
山脈へ向かった。その道中でボリビアのポトシという鉱山の街に出会う。
29年後、ふたりは娘3人とポトシを訪ね、過去と現在を繋げていく。
静寂なアンデスの風景、ゆったりとした音楽。それらと相反して厳しい
気候に生きる人々。家族はゆっくりと歩み心を通わす。家族の旅を描いた
ロード・ムービー。映画祭'97大賞受賞作『エルサレム断章』から10年。
ロン・ハヴィリオ監督の待望作。
※監督インタビュー:http://www.yidff.jp/2007/interviews/07i021.html


------------- それからもう1つ! -------------------



2.下高井戸シネマでの上映イベント

cinecafe sotoでの上映会に都合悪い方は下高井戸シネマでも映画上映があります。
こちらは「旅-ポトシへ」以外の映画も見られます。(4月、とちょっと先ですが・・・)
3月には音楽映画「ディス・イズ・ボサノヴァ Coisa Mais Linda」もやりますね♪

「優れたドキュメンタリー映画を観る会 VOL.21
 遙かなる記録者への道 -いのちの文化を求めて-」


期間:4/19(土)~4/26(土)
会場:下高井戸シネマ

上記URLのSCHEDULEのMONING SHOWをクリックすると詳細情報が出ます。
南米関連は、
「旅ーポトシへ」・・・ボリビア
「M」・・・アルゼンチン
「あもーる あもれいら・第1部」・・・ブラジル 

「M」はアルゼンチン製作の自国現代史を扱ったもの、
「旅ーポトシへ」と同様、2007山形国際ドキュメンタリー映画祭で優秀賞。
またプロデューサー氏は、4/12~渋谷ユーロスペースで公開予定(以降全国順次公開)のアルゼンチン映画「今夜、列車は走るProxima Salida」でもプロデュース&編集をやってるとのこと。(この映画については別途書きます)

「あもーる あもれいら・第1部」は在サンパウロのドキュメンタリー映像作家、岡村淳さんの最新話題作。
日系人ドキュメンタリー作品を多く手がける岡村氏は世界の音楽雑誌「ラティーナ Latina」でも2月号から日系ブラジル人に関する連載をされています。
当日は岡村氏が来日トークされるそうです!!!
岡村作品は以前から好きで応援しているタニィですがこの作品はまだ見てません。

下高井戸シネマもおもしろい企画を多く上映している映画館らしく、今後は要チェックだなぁ。


このポチっと!↓で、
更新の励みになりますっ♪

関連記事
アルゼンチンポトシボリビアドキュメンタリー映画祭