ありがとうございました。6/3(日)ケルト×バロックコンサート

パピータ・ムシカ主催6月3日(日)「ケルト×バロックコンサート」@Cafe Dufi

名古屋初お目見えのお二人によるアフタヌーン・ティー・コンサート。
ジャンル的にも初めてで色々不安もありましたが、熱心な音楽ファンの方々が遠方から駈けつけて下さったりで、あけて見れば満席の大盛況でした。

DSC_6357blog.jpg 
clickで拡大されます
チェンバロ、はるばる名古屋までご持参下さった。



DSC_6417blog.jpg
clickで拡大されます
ダルシマーも、はるばる名古屋までご持参下さった。


DSC_6358blog.jpg
clickで拡大されます
ハンマー・ダルシマーを演奏するバチは彫り模様が美しい・・・


この2つの美しい古楽器は、一台のワゴン車にすっぽりおさまって名古屋までやってきてくれました。
そのコンパクトぶり、ケースにおさまっている姿も愛らしく、それでいて頼もしかったのです。

コンサートにいらっしゃったお客様はケルト、アイリッシュ、バロックに詳しい方も結構いらっしゃってました。
また、日本の和の音楽がお好きな方々もいらっしゃったり」、お好きな曲を口ずさんだり・・・とそれぞれにご堪能いただけたようです。

当日は古楽器の調律には不向きな予想外の高湿度で暑い日でしたが、演奏者のお二人は手早く調律され最善の音を聞かせて下さいました。
途中、ダルシマーは弦が飛んだりなどのちょっとしたアクシデントもありましたが、(アクシデントと思ったのは私たちだけだったかもしれません。演奏家さんは落ち着かれていましたので・・・)それもまた印象に残る一コマでした。

DSC_6387blog.jpg
clickで拡大されます

DSC_6410blog.jpg
clickで拡大されます

Cafe Dufiさんがこの日のために用意して下さった手作りスコーン2種と紅茶のセットはまたたく間に完売、コンサート終了後も多くの皆様が珍しい古楽器に触れたり、出演者のお二人に質問されたりと充実したお時間を過ごされていました。

「実に良かった、また聞きたい」というウレシイお言葉も多数頂戴し、パピータ・ムシカとしても今後の励みになりました。

チェンバロ演奏者の吉竹百合子さんのブログに当日の様子が記されています。
満員御礼♪ケルト×バロックコンサート

岐阜・美濃のライブハウスDi Angeloの古田さんがご自身のFacebookに写真&コメントをUP下さってます。




ご出演者の稲岡大介さま、吉竹百合子さま、関係者の皆様、ご来場頂いた皆様、ほかご協力頂いた全ての皆様に感謝いたします。
ありがとうございました。

DSC_6414blogg.jpg
clickで拡大

当日のプログラムです。(以下画像をclickで拡大できます)

20120603_nagoya_program_mer1.jpg
20120603_nagoya_program_mer2.jpg


販売CD「ハーツイーズ」

CD付属ブックレットは英語表記のみです。
日本語による表記をご希望の方は、お手数ですが以下内容をコピーし印刷してご利用下さい。

画像データ(clickで拡大できます)
spinet_cembalo.jpg


テキストデータ(上と同じもの)
=============================================
~ Celt×Baroque ~
Heart's-Ease

ダルシマーとチェンバロによるケルト×バロック音楽
『ハーツイーズ』
==============================================

1. ゴールウェイ卿のための哀歌(オ・カロラン)*チェンバロ・ソロ
2. ジョージ・ブラバゾン(オ・カロラン)
3. カロランの歓迎(オ・カロラン)

4-5. 『ハーツイーズ』(オズワルド) シチリアーナ ~ アレグロ・アモローソ
6. サリーガーデン(アイルランド民謡)
7. グリーンスリーヴス(イングランド民謡)

8. ジーグ(クラーク)*ダルシマーソロ
9. 4つのスコットランドの歌(ブレンナー)
10.偉大なカエサルよ、歓び給え(ブレンナー)*チェンバロ・ソロ

11-12. 『ゴールデンロッド』(オズワルド) パストラーレ ~ ミュゼット

13-14. 『水仙』(J.オズワルド) エア ~ ジーグ

15. スカボロ・フェア(イングランド民謡)
16. トネリコの木立(ウェールズ民謡)*ダルシマー・ソロ ~ やさしい娘(スコットランド民謡)
17. ダニーボーイ(アイルランド民謡)

18. プランクスティ・ドリュー(オ・カロラン)
19. ファニーパワー(オ・カロラン)
20. 小さな妖精と大きな妖精(オ・カロラン)

21-22. 『ラナンキュラス』(オズワルド)アリア ~ テンポ・ディ・メヌエット

23. ブリジット・クルーズ(オ・カロラン) ~ 蝶々(アイルランド伝承曲)

<演奏>
◆稲岡大介:ハンマーダルシマー、バードコール、レインスティック
◆吉竹百合子:チェンバロ、スパニッシュカスタネット



==============================================

いつもありがとうございます。m(_ _)m
中南米情報 / ワールドミュージック
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
関連記事

Designed by Akira.

Copyright © 毎日がブエノスディアス! All Rights Reserved.