ご来場アリガトウございました。「マテ茶とアルゼンチン音楽を楽しむ会vol.3」

arg.gif japon_mini.jpg
ARGENTINA アルゼンチン / JAPON 日本


「マテ茶とアルゼンチン音楽を楽しむ会vol.3」
PART1 4/27(金)@ ブラジル音楽工房・サンバタウン
PART2 4/29(日)@ カフェ・ドゥフィ Cafe Dufi


IMG_4465x.jpg

ご参加頂きました皆さまありがとうございました。
(会場をご提供頂きましたサンバタウンのぜじさん、カフェ・ドゥフィの水野さんご夫妻、いつもありがとうございます。)

連休直前と連休中で以前よりは若干少なめのご参加でしたが、和気あいあいとアットホームな雰囲気の中、マテ茶の説明も行き届いた印象でした。きっとご自身で入れることにも集中出来たんじゃないかと思います。

2回め、3回めでご自身で入れたマテ茶の味が格段に美味しく、苦くなくなっている!!!という発見をされたご参加者もいらっしゃって、やっぱりお茶の道は万国共通で奥が深いなあ・・・と思いました。


今回のメインとなったカルロス・アギーレ&キケ・シネシの音楽映像紹介は初めてアルゼンチン音楽を聞いた方、普段はまったく外国の音楽を聞かない方にも、新しい扉を開けるような新鮮な響きと印象を与えたと感想をお聞き出来たり、PaPiTa の私たち主催者にとってもうれしい機会でした。


(以下はDufiでの様子)

IMG_4458x.jpg
パラナ川をバックに地元パラナの街で演奏するアギーレ映像を鑑賞

IMG_4460x.jpg
アルゼンチンのTV局の番組からリリアナ・エレーロとカルロス・アギーレ

IMG_4464x.jpg
キケ・シネシ・トリオの映像を鑑賞

その他に、2009年に私谷本が現地で「カルロス・アギーレ&フアン・キンテーロ・ドゥオ・コンサート(ゲストにキケ・シネシ)」を個人的に許可頂き、録画した映像などもご紹介しました。(youtube等ネット上にはUPしていません)

→ このライブの模様とコンサート前に取材したインタビューの記事は、世界の音楽雑誌・月刊「ラティーナ2009年6月号」に掲載されました。

カルロス・アギーレ&フアン・キンテーロに、独占インタビュー

http://bsas.blog115.fc2.com/blog-entry-737.html



マテ茶にちなんだCMは現地でのマテ茶の浸透度、親密度が理解出来て、かのピアソラやメルセデス・ソーサといった南米の著名な音楽家たちもマテ茶のPRに一役買っているのがご理解頂けて良かったです。



次回は少し間をおいて夏休み頃にパラグアイのテレレをご紹介出来たらいいなと思います。

夏だ!冷たいマテ茶だ=パラグアイのテレレだ!

音楽の方も清涼感あふれるギターやアルパ(南米ハープ)を使ったパラグアイ音楽などご紹介したいです。

6月・7月は、ケルト×バロック・コンサートでアフタヌーン・ティーをお楽しみ頂くコンサートや現代タンゴの巨匠、アストル・ピアソラ没後20年記念のイベントなど、PaPiTa主催&協力で内容も盛りだくさんですので、そちらも併せてチェックしてみて下さい。

近々プログラム内容をUPするとともに、来日されたカルロス・アギーレさんの日本滞在レポートも追って書きたいと思います。

タニィ 谷本雅世
関連記事

Designed by Akira.

Copyright © 毎日がブエノスディアス! All Rights Reserved.