肉だショーロだサンバタウンだ!

brasil_.jpg
japon_mini.jpg arg.gif

BRASIL ブラジル / JAPON 日本 / ARGENTINA アルゼンチン




名古屋のブラジル音楽工房、サンバタウンさん( @sambatown ) が円頓寺商店街に店を構えてから半年以上が経ちました。
正直もう長いことココにあるかのようななじみ具合で、われらPaPiTaも何度も遊びに行っています。

サンバタウンさんで春、円頓寺ごえん市のタイミングに合わせ、ショーロ演奏隊のごえん市出演と裏庭でのシュラスコ・パーティの企画がもちあがったので参加してまいりました。


IMG_3049x.jpg DSC_5805x.jpg
(Clickで拡大表示されます)




2012/04/01

頓寺商店街ごえん市で午前11:00~開催されたショーロには、聞きに行きたかったけれど、急きょアルゼンチンとの急ぎのお仕事が入り欠席。
午後よりサンバタウンさん待望の第一回裏庭シュラスコ・パーティ(13:00~)は予約済みだったので、遅刻しつつも、愛車にたんまりとアルゼンチンの味覚を積み込んで、PaPiTa代表ぱぴさんを先頭に張り切って乗り込んで参りました。

刻したので、定刻で始まった宴はすでに第一弾を食べ終えた感の面々が。遠くは知ってる顔だけでも岡山、大阪など県外からもご参加で予想より大勢いらっしゃいました。
とりあえず、持参した肉料理に付けると美味しい、アルゼンチンのスパイス・ペースト? チミチューリ Chimichurri*を皆様のテーブルへ。エンパナーダを温め、一口大に切って各テーブルに相方が「アルゼンチンのミートパイ、エンパナーダです。良かったらどうぞ~」
*フレッシュトマトを使用したチミチューリ Chimichurri とチョリパン Chori-pan、アルゼンチンのママの味アルファホール Alfajoresの写真はこちらご参照

回持参したチミチューリはオレガノやパセリなど乾燥ハーブ成分がかなり濃厚な、ベースとなるものをそのまま前夜仕込んで瓶詰めにして持参しました。そのため、「え、これってマテ茶ですか?だって草原の味がする~」って驚く人もありました。いえいえ、マテ茶ではありませんが、乾燥させたハーブという点では共通するアルゼンチン好みなテイストがあるのかもしれないなと妙に納得。

ミチューリはブラジルでお肉に付けるビナグレッチ・モーリョ(ビネガーソース)との相性も絶妙です。
というのもアルゼンチンでもタマネギやトマト、にんにくなどを刻んで酢と塩であえた同様なものを作り、オリーブオイル・ベースのチミチューリに合わせてお肉に付ける場合もあるのです。
その家庭によって、食べ方はいろいろ。家庭の味ですね。

ンバタウン店主ぜじさんお手製ドラム缶を半分に切ったバーベキューグリルは完成度が素晴らしく、炭火でじっくり焼かれたお肉のなんとおいしいこと!!!超美味お肉がいい感じでどんどん出てきて、お向かいにある老舗の美味しいドイツパンが登場して、日本酒・ワイン、ガラナ、ペットボトルのマテ茶、覚王山の有名芋けんぴ、日本酒クッキー、アルゼンチンのアルファホール Alfajores* (PaPiTaが持参)などなど・・・皆さんお勧めの美味な味覚が集結で感動的でした!


IMG_4246.jpg IMG_4247.jpg
(Clickで拡大表示されます)


後は本格現地式マテ茶を回し飲みしながらごえん市ショーロの再演!
素晴らしい弦楽器部隊のショーロに、超絶ピアニカが入って、大人も子どもも、犬?も楽しんだ!!!
(途中ぱぴ子さんワオ~ンと乱入)。


DSC_5838x.jpg DSC_5816x.jpg
(Clickで拡大表示されます)

テ茶は「やはりお肉に合う!」とブラジル音楽を愛する皆様の間でも大好評でした。
マテ茶会参加メンバーも「これまで甘いお菓子(アルファホーレスなど*)としか飲んでなかったけれどお肉に合うね~!」と感動されていました。
「口の中の脂分をマテ茶の成分が洗いながしてくれる」とも言われているマテ茶。本格マテ茶の苦味や風味が非常にシュラスコの味にマッチ。

さんでペットボトルマテ茶2種類とも飲み比べて頂いたのですが、どのマテ茶も初めて飲むような方でも、「確かにペットボトルもマテ茶の味がする」「肉に合わせるととても合うし、おいしい。さっぱりする」と感想が相次いでいたのが興味深かったです。
「この味ってクセになりますね」「この器とストローのスタイルが良いですね」とハマった感じの方もいらっしゃいました。

回、4月27日(金)夜19時半~の「マテ茶とアルゼンチン音楽を楽しむ会vol.3」@サンバタウンでの参加者さんの反応とかも楽しみになってきました。

PaPiTaで持参したもの。
お肉にぴったりな本格マテ茶、いま話題の「太陽のマテ茶」とトゥカンのイラストが可愛い別会社のペットボトルマテ茶の2種類。アルゼンチンのお菓子「アルファホール Alfajores*」、南米式ミートパイ「エンパナーダ Empanadas」。某スーパーで見つけ購入してからしばらくの間寝かしておいていたフェアトレードのアルゼンチンワイン(赤・白)。
甘党辛党にご満足頂けたようでうれしかったです。


焼き職人さんも、今後はローテーションで担当することなどもご検討中だそうで、PaPiTaイベントでもいつかアサード Asado (=アルゼンチン式バーベキュー)をやりたいな・・・なんて思いました。


店主ぜじさんいわく、
「ことサッカーとなるとヘタすりゃ殺し合いに発展しかねないアルゼンチンvsブラジルですが、昨日は見事にメルコスールな感じのスーパーコラボ。南米万歳!エンパナーダも一瞬で視界から消えましたね(笑)。マルベックの赤も最高でした。素晴らしい。次回もあんな感じで是非!」
・・・だなんて、暖かく嬉しいメルコスールな言葉を受けて、近頃親密な両国の音楽のように、握手を交わすのでした。
幸いPaPiTaは熱烈なサッカーファンではありませんので、そのへんはブラジルを尊重した平和な交流が今後も続けられそうです。



-------------------------
中南米情報 / ワールドミュージック
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
関連記事
ブラジル南米音楽グルメシュラスコショーロ
Carlos Aguirre llegó al JAPON
PREV
NEXT
新年のごあいさつ Saludos del año nuevo