Mike Dogliotti / Candombe For Export+Candombe Liso

の中のドライブ・ミュージック最高峰!!!
高速走行には欠かせません♪

Dogliotti_candombe Dogliotti_candombe_backアルベルト・マイク・ドグリオッティ
Alberto "Mike" Dogliotti。
(ウルグアイ人なので、スペイン語読みでミケ・ドグリオッティと呼んでいる人もあるかも?)
1970年代初めウルグアイのキーボード奏者。
葉巻が似合うダンディ伊達男だけどきっとアフロな血も受け継いでいるに違いない?!
当時最先端の電子オルガン、キーボード?を駆使し(現在ではチープに聞こえる部分もあるが)、
グルーブ感がたまらなく聴く人を虜にしてしまう魔法のサウンド?!
(…と自他ともに大絶賛!)

日本であまり知られていないウルグアイ音楽の中でも更に、知られざる名盤とされていた
「ドグリオッティのLP2枚+シングル2枚分」。
ある日突然CDとなって販売されていました!

VampisoulはUKのレーベルらしいのでAmazon.co.jpではおっそろしく高い値段もついてます。
(...といっても収録曲目数を考えれば安いけれど...)
輸入ルートによってはもうちょい安いJYM &Recordsも。
(検索して見つけたので買ったことはないのです。)
ディスクユニオン新宿店(ラテン&ブラジルフロア)で何度か目撃もしています。
(今確認したら在庫ありましたが、、、高っ!値上がりした?!)

ちなみにタニィがドライブ時に聞いていたのはCDに収録されている音源+αが詰まった
個人的オリジナルCD-R盤。
ドグリオッティの知られざる音源はこれ以外にもある・・・!
更なるCD化を希望?!

たっぷり聴ける試聴:JunoRecords
↑CDの内容をアナログディスク化したLP2枚(70年代発売のものとは違います)の通販。
En mixi:「CANDOMBE!」
関連記事