アレイダ・ゲバラの講演@ウィルあいち

cuba_s.jpg japon_mini.jpg
CUBA キューバ JAPON 日本

タニィ主催のイベントではありませんが、キューバ革命の伝説的な英雄チェ・ゲバラの娘で医師のアレイダ・ゲバラさんが7/23(土)夕方、ウィルあいち(名古屋市内)にて講演会を開催します。
※タニィのブログ、右横「イベントカレンダー」に詳細記載、ご参照ください。

彼女の母であり、チェ "エルネスト" ゲバラの妻であるアレイダ・マルチ氏の著書「わが夫、チェ・ゲバラ 愛と革命の追憶」(2008年)が日本で刊行された際、来日講演会を行い、東海地区にも来られたそうですが、聞くところによると名古屋市内での講演は今回初めてだそうです。

7/23の講演会では、名古屋ならではの企画で、アレイダ・ゲバラ氏の講演+名古屋で活動する、日本語で唄うキューバ音楽のソンのバンド「Ahora Si / アオラシ」と地元名古屋を中心に活動・サルサの源流となるキューバのソンを、楽曲、編成ともにリアルに演奏する、日本でも数少ないバンド「Palma Soriano / パルマソリアーノ」のライブが聴ける特別企画です。

以下は検索で見つけた最新情報、この話にもきっと触れるんじゃないか?と期待しています。日本でも出版されるかなぁ・・・

チェ・ゲバラの未公表日記 キューバ革命の闘争記す
by asahi.com
 2011年6月15日

ちなみにチェ・ゲバラはアルゼンチンの第二都市ロサリオの出身で、ボリビア山中で亡くなり40年以上が経過した今も、中南米アルゼンチンはもとより世界中でその人気は高いです。若き日のゲバラ青年の活躍については、映画「モーター・サイクル・ダイアリーズ」(2003)他数々の映画や書籍で知ることが出来ます。







関連記事