スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南米旅行される方へ:ご注意情報

arg.gif
ARGENTINA アルゼンチン

その昔、南米でもっとも治安が良いと言われたアルゼンチンですが、南米全体の治安が悪化し犯罪被害が年々増加しています。

ホテルや空港カウンター、カフェ、レストランなどで荷物を手から離す時は、足の間に置くなど置き引きにご注意。
また椅子の背に引っかけた上着ポケットやカバン内の貴重品を狙うスリもいますのでご注意。
ケチャップやマスタードを不意につけて貴重品を奪うスリや強盗、バスや地下鉄内でポケットに手を突っ込んだり、かばんを切りつけ金品を奪う強盗、人通りのない路上でいきなり襲いかかる強盗、不意に後ろから襲ってくる首絞め強盗など多数聞きます。銃による荒っぽい犯罪もあります。
子供たちや若者が行う事もあり、身なりがきれいだからと油断は禁物。
タニィも、目の前でカメラや携帯電話、貴重品をひったくられる現場を何度も見たことがあります。
南米では日本ほど警察が信頼出来ないと言われています。
また、紛失したものは、まず出てくることはないので、命に別条がなければモノについてはあきらめた方が良さそうです。
(以上何度も注意喚起していますが被害が減らないので改めて記載しました)


最近、以下のニュースが届いています。
アルゼンチンや南米に関する調子よい商売や話を持ちかける詐欺被害も増えているそうです。

日本人同士だと気持ちをつい気持ちを許してしまいがちになると思いますが、これから南米旅行をされる方をはじめお気をつけ下さい。

サンパウロ新聞より ~ 宿代踏み倒した瀧谷 外務省が旅券返納命令 11/05/06 (9:02)
http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/4205/menu/8/cat/105

サンパウロ新聞より ~ 宿代R$1300踏み倒した日本人旅行者 瀧谷具靖 11/05/05 (11:03)
http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/4198/menu/8/cat/105

ウシュアイアの上野山荘には、上野ご夫妻ご健在の頃、お世話になりました。
80歳を超える上野翁の武勇伝と運転でウシュアイアの街をご案内頂いたのは懐かしい思い出です。その時の日記。

最南端・火の島「フエゴ島 Isla del Fuego」の旅 1999/04月

ご参考URL:

ウスアイア(ウシュアイア USHUAIA)・上野大学
ブエノスアイレス・上野山荘別館






関連記事

Designed by Akira.

Copyright © 毎日がブエノスディアス! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。