盛況でした・JASRAC講座ミュージック・ジャンクション

2/18の写真UPしました!

昨夜の東京でのJASRAC講座ミュージック・ジャンクション

La conferencia y mini concierto de JASRAC vol.22 "Tango Argentino"

第22回:2011年2月17日(木)『タンゴ・古くて新しいブエノスアイレスの鼓動』、西村秀人による講座とオルケスタ・アウロラの演奏、予想を上回る大勢の皆様にご来場頂き有難うございました。

s-017.jpg
タンゴの歴史について La cuenta sobre la historia del tango argentino.

s-021.jpg
講演者・西村秀人氏
El comentarista Hideto "Panchito" Nishimura

1000通近い応募があったそうで倍率4.5倍?!
無料招待制のため定員より若干多めに招待状を送付が予想以上に多くの方にお越し頂いたようで、急きょ出した補助席も満席となりました。
早くからお並び頂いたご来場者も多くタンゴファン・音楽ファンの熱心ぶりを再確認しました。

第二部の今最も旬なオルケスタ・アウロラの演奏はメンバーのパワーアップぶりに感動しました。

s-034.jpg
Orquesta AurorA
Naoko Aoki(pf), Satoshi Kitamura(bn), Takatoki Suzuki(bn), kenji Azumaya(cb), Momoko Aida(vn), Atsushi Yoshida(vn),

ホールのバランスも響き具合もベスト、入念なリハによる音響も素晴らしく相乗効果の大満足でした。
演奏終了後鳴り止まぬ手拍子で、当初のリハでは全く想定外・異例のアンコールも実施されました。その後お急ぎの方が一度は席を立とうとした時、再び西村とコーディネイター・北中氏が登場、再度ご着席頂き(申し訳ないです)温かい拍手で大盛況のうちに終了でした。

s-042.jpg
コーディネイター・北中正和氏と講演者・西村秀人氏。
El cordinador Masakazu Kitanaka y el comentarista Hideto "Panchito" Nishimura

素晴らしいイベントを開催頂き、主催者・関係者の方々始め全ての皆様に大変感謝でした。
改めてお礼申し上げます。

それにしても、CDなど音楽メディアが売れなくなって音楽産業は壊滅的とまで言われるようになっている昨今ですが、それでも愛情をもって良い音楽に真摯に取り組む姿勢が大切・・・と改めて思わされた瞬間でした。
来場者の気持ちが1つになっている時間を感じられた幸せ、音楽の力は凄いなぁ・・・

※講演と演奏の写真:JASRAC提供。(無断転載はご遠慮下さい)

追記:twitterで多くのご来場者の声を聞く事ができました。即効性って凄いです。
関連記事
劇場型ライブ『その名は、ピアソラ』ツアー
PREV
NEXT
ドラマチック・タンゴ 黄金のリズム
About this site
La vida con la musica!アルゼンチン音楽 &周辺音楽紹介♪since '98
About me